How to maximize the value of your Microsoft investment

Microsoft アドバイザリ サービス

Microsoftへの投資の価値を最大化

Microsoftへの投資の価値を最大化する方法

ソフトウェア資産管理(SAM)とは、インストールされたソフトウェアを単に数え、最低価格で購入したソフトウェアと比較するだけではありません。SAMでは、ユーザーが最初にソフトウェアをリクエストした時から、そのソフトウェアがシェルフウェアになるか投資が終了するかまでのプロセスが全てであり、購入したソフトウェアから最大限の価値を得られるようにします。最も高価なスイートを可能な限り低価格で購入しても、それを使わなければ何のメリットもありません。むしろ、必要なものだけを割引なしで購入したほうが、コスト的には良い結果が得られるかもしれません。

「高額な値引き交渉は、結果的には評価されますが、最良の結果を生み出すものではありません。実際に使用するものを購入し、投資の価値を最大化することにフォーカスすることが、より良い結果を得られます。」

Chris van der Zwan   SoftwareONE Business Owner Microsoft アドバイザリ サービス 

何を買えばいいのか分からないという方は、買いすぎている可能性があります。割引率が高くても、使わないソフトを購入してしまうとコストがかかってしまいます。簡単なことですが、企業には使われていないソフトがたくさんあるのです。例えば、テレビの購入を考えてみましょう。テレビを3台購入すると高い値引きをしてくれる小売店がありますが、1台しか必要としない場合、3台購入するのは投資の無駄遣いです。コストを削減するには、何が必要かを知る必要があり、それには洞察力が必要です。高額な値引きを狙うのではなく、自分のニーズをしっかりと把握することがとても大切なのです。

1. ソフトウェア購入の準備はどうする?

まず、ビジネスオーナーやプロダクトオーナーと話をして、実際にどのような技術が必要なのかを理解することから始めましょう。全員がOfficeアプリケーションを必要としているのか?それとも、オンラインワークプレイスで仕事をしても全く問題がないのか?それは、組織のセキュリティ(GDPR、ISOなど)の基準を満たしているのか?同じテクノロジーの異なる種類を所有しているため、利用可能な最高のパッケージを検討しなければならないのか、それとも基本的な機能で要件を満たしているのか?今日では、一つのプラットフォームを選択する組織が増えていますが、それは貴社にとっても有効な選択でしょうか?正しい知識を得られるようにしましょう。その知識を持っている人を社内外で探し、ロードマップセッションを予定しましょう。そうすることで、テクノロジーが何を提供するのか、市場にはどのような代替品があるのかを理解することができます。また、ロードマップや目標を共有することを忘れずに、望みやニーズを誰もが理解できるようにしましょう。そうすることで初めて、テクノロジーから最大限の価値を引き出し、実際に使用するものだけに投資することができるのです。

2. 誰がそのソフトウェアを必要としているのか?

2つ目のステップは、組織内のさまざまなペルソナの観点から考えることです。全員が同じテクノロジーを必要としているわけではありません。かつて組織は、全員に同じパッケージを購入し、1つのパッケージを展開・管理するだけで、インフラにおける節約を実現していました。現在では、インフラはクラウドプロバイダーから提供されており、インフラとユーザーの需要という2つの側面から運用の節約を達成することができます。

3. 何をインストールしたのかを把握する

3つ目のステップは、現在のインストールベースのインベントリ作成です。先ほど、これはSAM(ソフトウェア資産管理)とは異なると説明しました。その通りで、このブログではSAMの話ではなく、ソフトウェアの購入や更新の話をしています。インベントリデータと購入ソフトウェア情報の正しい突合せを行うための専門知識を確保することです。残念ながら、ライセンスモデルは複雑なため、インストールされたソフトウェアの数を数えるだけではうまくいきません。また、クラウド技術の広がりに伴い、新たな専門知識も必要になります。クラウドプロバイダーとのコンプライアンスについて考えたことはありますか?リザーブドインスタンス、開発/テスト環境、過去に投資したソフトウェア ライセンスの使用など、クラウド基盤におけるクリエイティブなライセンスの可能性についてはどうでしょうか?

4. 既存のライセンスにどのような利用権利があるのかを知る 

4つ目のステップは、既存のライセンス権の分析です。どのような種類のソフトウェアを利用出来るのか、過去に何を購入したのか?現在の契約と過去の契約を分析します。しばしば、組織が認識していないソフトウェアライセンスが未使用のままになっていることがあります。

MAS投資の価値を最大化する

上記の4つのステップを経て、専門家がすべてのデータを分析し、的確なアドバイスを提供します。お客様の進捗度、ロードマップ、予算、そしてニーズに基づいたアドバイス 。これにより、適切なユーザーに適切なテクノロジーを購入することができます。

最後のステップは、交渉のための準備です。最低価格だけではなく、価値観の観点から、サプライヤー/パートナーとの関係についても目標を設定してください。何かうまくいかないことがあっても、その後のサポートがしっかりしていれば安心です。目標に加えて、ソフトウェアおよびハードウェア要求を決定する必要があります。これらは、必要な技術的要件であったり、あなたの組織では通用しないライセンス関連の制限であったりします。もう一つの側面は、お客様の法的要件(GDPR、SLA、データ処理など)です。これを「Bill of Materials(部品表)」と呼びます。ソフトウェアのリストだけではなく、需要全体をBOMと呼びます。

このブログは、ソフトウェア契約に関する企業への長年のアドバイスの経験に基づいて作成されました。

最大化を始める

Microsoftソフトウェアやライセンスに関して、サポートや個別のアドバイスが必要な場合は、豊富な実績がある当社までお気軽にご相談ください。

詳しく見る

この記事に関するコメント

お客様のご意見をぜひお聞かせください

コメントを残す

Author

Chris van der  Zwan

Chris van der Zwan

Western Europe Business Owner

Microsoft Advisory Services

Related Articles

The Latest Microsoft Updates

Microsoft社の最新情報

Microsoft 社は、2つの重要な変更を発表しました。一部のMicrosoft365の法人向けの価格が値上がりします。2つ目の重要なアップデートは、CSPプログラムのシートベースのオファーの新しいコマースです。

oracle-support-rewards-program

Oracle Support Rewards プログラム

Oracle社は、DatabaseおよびMiddleware (テクノロジープログラム)の年間サポート費用をゼロにすることができる「Oracle Support Rewardsプログラム」を発表しました。

Microsoft Partner of the Year Awards 2021
  • 16 7月 2021
  • Neil Lomax
  • application services, SAP Services, Publisher Advisory
  • Microsoft, Application Modernization, Azure, Virtual Desktop, SAP on Azure, Business Transformation

SoftwareONEが「Microsoft Partner of the Year 2021」を受賞

この度、SoftwareONEが5つの国・地域・カテゴリーで評価され、「Partner of the Year」を受賞しました。