what-is-software-lifecycle-management

ソフトウェアライフサイクル管理(SLM)とは?

私たちの視点から見たSLMの定義

ソフトウェアライフサイクル管理(SLM)とは?

ソフトウェアライフサイクル管理とは?

ソフトウェア資産管理(SAM)は、ソフトウェアのライフサイクル全体を通じた効果的な管理・制御を可能にするビジネス手法です。かつて、SAM は、ソフトウェアベンダーからのライセンス監査などの緊急イベントに対応して、慌てて組み立てられるプロジェクトであり、常には必要無いもの、または戦略的には低い優先事項と考えられていました。しかし今日では、定義された測定基準と、スキル、プロセス、およびテクノロジーを適切に組み合わせたチームによる積極的な SAM プログラムが、実用的な情報を提供することをお客様組織は認識しています。これにより、最終的には、お客様組織は変革を促進し、コストを削減し、ソフトウェア資産を保護し続けることができるようになります。

所有権と実際の消費データの可視性の欠如に加えて、オンプレミス資産とクラウド資産の管理の複雑さが加わると、予算が肥大化し、お客様組織はライセンス監査やデータの不安に対して脆弱な立場となってしまいます。効果的なSAM、より広義の意味でのソフトウェアライフサイクル管理(SLM)は、デジタルトランスフォーメーション、クラウドトランスフォーメーション、および戦略的調達のための成功要因となることで、これらすべてを阻止することができます。SLMは、業界では絶対に必要不可欠なものとして浮上してきました。

SoftwareONEでは、お客様組織が最も価値のあるSLM戦略を設計するのに必要な熟練したリソース、プロセス、ツールを提供することに専念しています。SLMを利用することで、お客様組織はコストを最適化し、セキュリティを強化し、消費量を測定してライセンス契約のサイズを適正化することができます。ここでは、SLMとは何か、そしてSLMをどのように定義しているのかをSoftwareONEで掘り下げてみましょう。

SLMの定義

当社では、SLMをソフトウェア資産管理(SAM)のベストプラクティスとデジタル調達を組み合わせたビジネス手法と定義しており、顧客体験と価値の向上を目指しています。SLMは、すべてのソフトウェアとクラウドへの投資をお客様組織全体で総合的に管理・制御するための当社の実績あるアプローチであり、購入から採用、全体的な管理、資産の廃棄に至るまでの製品ライフサイクル全体をカバーしています。当社のSAM機能と調達機能を最大限に活用し、クラウドとソフトウェアのポートフォリオの価値を最大化します。これにより、お客様組織が所有する資産を最大限に活用し、本当に必要な分だけをお支払いいただくことが可能になります。 

ソフトウェアのライフサイクルは、リクエスト、プロビジョニング、管理、変更の4つのフェーズに大別することができます。これらのフェーズは、お客様組織全体のすべてのソフトウェアとクラウドサービスに適用されます。まず、4つのフェーズとそのサブコンポーネントを見てみましょう。

  • リクエスト - すべてはソフトウェアのリクエストから始まります。そこから、要求の適格性と製品評価へとプロセスは進んでいきます。この段階の最終的な局面は、リクエストのビジネス承認を受けることです。
  • プロビジョニング - そこから、お客様組織は事前配備に入ります。ここでは、ライセンスの可用性とエンドユーザライセンス契約(EULA)を確認します。次にライセンス取得と契約が行われ、ソフトウェアのプロビジョニング、パッケージング、およびデプロイメントが続きます。 
  • 管理 -管理段階では、まずライセンス管理に焦点を当てます。その後、ソフトウェアのコンプライアンスと全体的な使用法の基礎を築くことになります。この段階では、支出とライセンスの最適化についての最高の感触を得ることができます。
  • 変更 - 変更の時点で、未使用のソフトウェアをアンインストールし、ライセンスを移転または再取得することができます。最後に、ソフトウェアをリタイアし、関連する(メンテナンス)ライセンスを終了することができます。

当社では、SLMプロセスを、お客様組織のソフトウェアとクラウドへの投資を統制し管理するためのベスト プラクティス アプローチと考えています。ソフトウェアのライフサイクル全体にわたってシームレスに統合されたシステムとアクティビティのセットを通じて、お客様組織はポートフォリオの価値を最大限に高めることができます。

これは業界にとって何を意味するのでしょうか? 

今日では、いたるところにSLM関連の障害があるように思えます。オンプレミス環境とクラウド環境の管理の複雑さ、誰がどの資産をどこに所有しているかの可視性の欠如、コスト管理、ライセンス監査、データへの不安などの問題から、業界はこれまで以上に SLM に注目するようになると言ってもいいでしょう。 

もちろん、お客様組織が SLM 戦略を実施する過程では、課題も出てきます。成功への正しい期待を設定することは、SLMプログラムの成功を確実にするための重要な第一歩です。多くのお客様組織では、パフォーマンスを測定する指標の定義に失敗したり、どこに焦点を当てるべきか悩んだりすることがあります。本質的には、正確なインベントリと使用量のデータを収集してボールを軌道に乗せる方法を知ることは難しいことかもしれません。

このような理由から、SoftwareONEでは、明確で現実的な期待値と価値測定基準を持つSLM戦略の定義に大きな重点を置いており、他の事業領域と切り離して発展されることはありません。明確な戦略の定義は、現在地と最終目標が何であるかを理解することから始まります。成熟したSAMの実践は、ソフトウェア投資からビジネス価値の向上を実現します。

SoftwareONE SLMサービスが戦略を強化する方法

これまでに学んだように、成熟した SAM は、リスクとコストの削減、ソフトウェア全体の改善、クラウドの ROI の向上をもたらします。これらの結果は、今日の不確実な時代において特に重要です。コミュニケーションとコラボレーションのニーズは高いですが、ソフトウェア資産のリスクとガバナンスを最前面に置いておくことは依然として重要です。

そのため、SoftwareONEでは、Microsoft社と14社のティア2ソフトウェアベンダーに焦点を当てたSAMSimpleや、すべてのティア1ソフトウェアベンダーとティア2および3ソフトウェアベンダーに焦点を当てたSLMAdvancedなどのSLMマネージドサービスを提供しています。これらのサービスは、ソフトウェア資産の意味を理解し、コンプライアンスの立場を理解し、コスト削減の可能性を可能にし、ライセンス監査時の保護の維持に役立ちます。当社の専門家は、コスト削減の機会を活用しながら、潜在的なコンプライアンス問題を軽減する方法を提案し、信頼できるアドバイザーとしての役割を果たしています。

SLMは未来への道

ソフトウェアライフサイクル管理は、お客様のガバナンス、コスト、データ分析とリスクの問題を解決することが実証されています。ここSoftwareONEでは、業界の進化に合わせてSLMの範囲と定義を強化し続けています。当社のサービスは、常に最適化の可能性と最新のイノベーションを示すことで、お客様のSLM実践をさらに最適化し、より効果的なSLMイニシアチブの実行を支援します。しかしながら、人、プロセス、技術は常に強力なSLM戦略のバックボーンとなります。これらのコアコンポーネントを活用することで、成熟度に関係なく、SLMチェーン全体に沿ってお客様をサポートします。

SLMの旅に出る準備はできていますか?

当社は、お客様の SLM 戦略をサポートする準備ができています。詳細については、こちらのページをご確認ください。

詳しく見る

この記事に関するコメント

お客様のご意見をぜひお聞かせください

コメントを残す

Author

Shadi Khoshab, Blog Author SoftwareONE Blog

Shadi Khoshab

Product Manager, SLM Managed Services

Group Innovation & Technology

Related Articles

Reviewing & Amending Your SAM Process Via a Third Party

SAMプロセスレビューおよび修正をサードパーティに任せるメリット

SAMプロセスを簡単に見直し、修正できる機能は必須です。サードパーティを介して開始する方法についての詳細はこちらをご覧ください。

SAP監査とコンプライアンスのリスクを管理する方法

交渉を成功に導き、SAP監査を乗り切るためには、しっかりした準備が鍵となります。よくあるコンプライアンス上の問題点を学び、環境を最適化して全体的なリスクを低減することができます。

itam-forum

ITAMフォーラム

ITAMフォーラムの後援者として、ITAMフォーラムの作成者であるMartin Thompson氏に、ITAMフォーラムの組織とITAM業界の目標についてお話を伺いました。