5 Business Benefits of SLM

ソフトウェア ライフサイクル管理

5つのビジネスメリット

SLMの5つのビジネスメリット

今日の「オールデジタル」の世界では、紙などのアナログからデジタルへ移行を始める企業にとってとても刺激的な展開です。急速に成長する新しいアプリやサービスを活用できるように近代化するチャンスは、21世紀で生き残るため、また企業が成長するために掴んでいかなければなりません。

しかし、既存のネットワークへの新しいツールやソリューションの追加、プロセスの簡素化、またパフォーマンスを最適化しようとすればするほど、複雑さが増すリスクが生じます。その複雑さを軽減する鍵は何でしょうか?それは、ソフトウェア ライフサイクル マネジメント(SLM)です。今知っておくべきSLMの5つのビジネスメリットを見てみましょう。

なぜソフトウェアのライフサイクル管理が複雑になるのか

ソフトウェアが存在する限り、ソフトウェア資産を管理するシステムが必要です。ITディレクター、CIO、調達担当者、またはSAMマネジャーの皆さんはご存じかと思いますが、ソフトウェアは管理するだけでなく、最適化する必要があるタスクと責任のライフサイクルがあります。このライフサイクルは、調達~契約~展開~ライセンス管理の間と、ソフトウェア破棄までに複雑さが増していきます。

ビジネスの成長に伴い、スケーリングはさらに複雑さを増します。扱う機能の追加、新しい市場へのに参入によって、多くの従業員が満足できるようになるかもしれませんが、そのすべては新しい技術によって強化されるので、管理するためのアプリやソフトウェアがさらに増えます。その結果、リスクが増大、可視性の低下、不必要なコストが発生する可能性が増えます。つまり、物事は複雑になります。そこでSLMの出番です。あなたのビジネスをサポートします。


SLMは課題とリスクをビジネス価値に変えていきます 

SLMはコスト最適化、業務効率化、リスクの軽減、ソフトウェア資産可視化の必要性などの難題に対処するための支援を行います。SLM は企業を近代化するための基盤を提供し、ソフトウェア ライフサイクル管理を全てデジタル化により問題を解決します。ここでは、SLMの5つの主要なビジネスメリットを紹介します。

1. コストの最適化

多くの組織では、既存のソフトウェア資産を最大限に活用することができていません。未使用のソフトウェアライセンスを持っている可能性があり、これにはコストがかかります。一方で、導入の規模を縮小され、消費のために過剰な費用を支払っている場合もあります。さらに、誰がどのソフトウェアを使用しているのか、どこにあるのかがわからないと、非効率なソフトウェア資産管理でリソースと予算を無駄にしてしまうことになります。

SLM は、実際の使用量と消費量のレポートを提供します。このような管理と可視性を持つことは、コストを標準化し、ソフトウェアの投資収益率を向上させることが出来ます。SLMでは、企業が何のソフトウェアを所有しているのか、誰がどんなソフトウェアを使用しているのか、またどのように維持管理されているのかを把握するのに役立ちます。これにより、実際に使用しているソフトウェアだけに対して適正な価格を支払うことができます。

2. 運用効率の向上

SLMは複雑化されているデータ(購買情報やインベントリ)から情報を整理して提供するため、管理者は重要な決定や、監査にパスするために必要な情報収集に費やす時間を減らすことが出来ます。さらに、自社の運用チームとSLM専門家の間でタスクを分担することより、冗長な作業を回避し、効率をさらに向上させることができます。 

さらに、SLMプロセスは自動化されています。ソフトウェアやクラウドサービスのライフサイクルが自動化されると、関係者全員の時間とリソースが還元されるので、ビジネスの運営や成長に役立つタスクに時間を割くことができます。 

3. リスクの低減

近代化に伴い、ビジネスは大幅に成長する可能性を秘めていますビジネスの規模が拡大するかどうかに関わらず、ソフトウェア資産が今まさに成長しているという事実に変わりはありません。従業員はアプリやデジタルツール、サービスにこれまで以上に簡単にアクセスできるようになっており、デジタルフットプリントやシャドーITの拡大という形でリスクを背負っていることになります。 

SLMはセキュリティポリシーを助長し、定期的なコンプライアンスレポートを提供することで、コンプライアンス違反のリスクを管理することができます。実際、弊社の調査により、89% の組織がソフトウェア資産管理 (SAM) 投入する一番の目標はコンプライアンスであることがわかりました。 

また、サポートされていないソフトウェアやクラウドサービスをデジタル資産から検索することで、セキュリティリスクも低減します。デジタル化が進む今日では、メーカーサポート切れのソフトウェアがそのまま残ることなどによって起こる貴重な企業データの侵害は、最大のセキュリティリスクのうちの1つです。

4. 可視性の向上

SAMマネジャーがネットワーク全体の重要資産を特定できない場合、ポリシーの実施、契約の交渉、損失収益の特定、または規制要件の遵守ができません。ビジネス要件に対応するためには、企業のソフトウェア資産を可視化する必要があり、それもタイムリーに可視化する必要があります。

SLMは高度なデータと分析で可視性を向上させることにより、管理者や予算に余裕がない場合に必要な計画の変更を無理に押し付けることがなくなります。SLM は、企業のビジネスニーズをサポートするために必要な可視性を迅速と容易にチームに提供します。 

5. 成熟度の向上

会社ITシステム現在の構成と成熟度をはっきり把握しているSAMマネジャーは何人いるでしょう? 長期的なビジネス戦略を策定するには、状況を知ることから始まります。SLMは、監査から想定外のことを取り除くし、成熟度の向上を提供します。それはITコストを最小化するための第一歩となります。 

SoftwareONEのAdvanced SLMプログラムは、単なるライセンス管理から、もっと高度なレベルの契約管理やサブスクリプションライセンスへの移行を支援し、さらに大きな報酬をもたらします。システムが成熟すればするほど、自社の機会を理解し、リスクを軽減し、優れたSAM戦略作る環境を整います。 


Advanced SLMでソフトウェア ランドスケープをコントロールし、価値を見出す

SLMは、企業がソフトウェア資産管理方法を変革しています。デジタル時代のリーダーになるということは、ビジネスモデルから顧客の捉え方、変化する市場やグローバル競争への対応、そして最も重要なことは、デジタル資産全体の管理方法に至るまで、あらゆる方法でデジタルディスラプションに取り組むことを意味します。 

賢いリーダーたちは、常にビジネス上のメリットを得るためにテクノロジーを導入し、そしてそのメリットとデメリットを評価してきました。今の唯一の違いは、チームの背後にSoftwareONEのSLMAdvancedというチームがいることです。  
当社の専門家は、お客様のエンドツーエンドのソフトウェア ライフサイクル管理を容易にするため、高レベルの反復的なタスク実行することを支援します。 

SLM Advancedでは高度な分析を行い、ソフトウェア資産を実用的な情報の集合体として管理できる機会を提供します。

SLMAdvancedでメリットを得る

SLMAdvanced は、人、プロセス、テクノロジーを使用して、長続きする戦略を組織に提供します。SLM がお客様のビジネスにどのようなメリットをもたらすかについての詳細はお問い合わせください。

フライヤーを見る

この記事に関するコメント

お客様のご意見をぜひお聞かせください

コメントを残す

Author

Chris van Hoffen

SAM Practice Lead

Software Asset Management

Related Articles