how-to-identify-and-implement-slm-cost-savings

SLMのコスト削減

どう識別して実装するのか

SLMのコスト削減 どう識別して実装するのか

ソフトウェアライフサイクル管理(SLM)は、デジタル化された調達とソフトウェア資産管理(SAM)を組み合わせたものです。 SLMは、戦略の合理化とソフトウェアポートフォリオの最適化を検討している組織にとって非常に有益ですが、非常に複雑なトピックでもあります。多くの商業的および技術的な問題が発生する可能性があるため、ソフトウェアのライフサイクルを効果的に管理するには、さまざまな能力が必要です

現在、コスト削減はすべての組織にとって優先事項です。状況がより複雑になるにつれて、どこでソフトウェアの支出を削減してどこでリスクを軽減するかを知ることが困難になる可能性があります。 SLMのコスト削減をすばやく特定して実装する方法を見てみましょう。

組織が必要とするQuick-Win(即時成果)について考える

最近、ITエグゼクティブは、組織のコスト削減イニシアチブに貢献することがかなり緊急に必要であることに気づきました。 ITエグゼクティブとして、ボールを転がすために自分自身に尋ねる必要のある質問があります。たとえば、あなたはお金を節約することにもっと焦点を合わせていますか?あなたはリスクを減らすことにもっと関心がありますか?短期的な目標ですか、それとも長期的なゲームをプレイしていますか?

真実は、強力なSLM戦略はこれらすべての懸念を改善するでしょうが、あなたはあなたの弱点がどこにあるかを学ぶように努めるべきです。そうすればあなたは今後数年間にあなたの焦点がどうあるべきかを知ることができます。ソフトウェアの支出は通常、前年比で8〜10%増加するため、何もしないとコストが上がるだけです。より早い成果について考えることは、より早く成功を収める可能性が高くなることを意味します。これは、チームにとってやりがいがあり、励みになります。

現在のコスト削減の課題を理解する

独自のコスト削減の課題とそれらを解決したい時間枠を特定したら、時間をかけてもう少し深く掘り下げます。目の前の障害を単に知るだけでは十分ではありません。それが組織にどのように影響しているかをよく理解する必要もあります。見てみましょう:

  • クラウドの経済学  - この場合、組織はクラウド全体の支出を視覚化するのに問題がある可能性があります。つまり、どのタイプのワークロードが最も多くのリソースを消費しているかを理解することも困難です。 
  • アプリケーションの合理化  - 組織は、機能が重複するソフトウェアの使用を特定して回避し、無駄のないポートフォリオを維持して、ボリュームディスカウントを活用し、運用コストを削減することが難しい場合があります。
  • 契約の複雑さ - 複雑な契約条件と利用可能な使用権を理解するのは難しい場合があります。また、購入条件とオプションを最適化するのが難しい場合もあります。
  • ソフトウェアの支出  - この場合、チームは、本当に必要なものと実際に使用されているものだけを確保して購入するのに苦労する可能性があります。
  • 運用モデル  - チームは、明確なポリシーと手順を実施し、ソフトウェア調達と全体的なソフトウェアライフサイクル管理に関連するプロセスコストを削減するのに問題がある可能性があります。

SoftwareONEアプローチ

通常では、組織に適切な知識とリソースがないために、これらの課題が発生する可能性があります。幸いなことに、それらを単独で解決する必要はありません。そこで、SoftwareONEのSLM Cost Take-Outサービスが登場します。

我々SoftwareONEでは、ソフトウェア資産およびライフサイクル管理の分野で30年以上の経験があります。つまり、根本的な問題をどこで探すべきかを正確に把握しており、その知識をお客様と共有したいと考えています。そのため、SLM Cost Take-Outを作成しました。これは、お客様が最大の課題を特定し、コストを迅速に削減できるように設計されたコンサルティングサービスです。このプログラムは、コスト削減と回避の観点から設計されたものであり、お客様が利用できる対応手段がいくつかあることがわかりました。

これらのハードルを克服し、これらのレバーを引くために、SLM Cost Take-Outを診断、選択、実行の3つのフェーズに分割しました。これらの各フェーズを通じて、迅速な成功と迅速なコスト削減を特定しながら、お客様にスピード、柔軟性、および変動性を提供することを目指しています

先に述べたクイックウィンを覚えていますか?プロセスが完了すると、成熟度レベルに応じて、組織はすぐに2〜15%の節約を期待できます。そうすれば、組織は長期的に全体的で持続可能な最適化に焦点を合わせ始めることができます。

前進する

このプロセス全体は、組織の主要な課題が何であるかをよく理解することから始まります。繰り返しになりますが、ソフトウェアライフサイクル管理は非常に複雑になる可能性があり、どこを見ればよいか見失いがちです。これらの問題を明らかにし、さらに深く掘り下げることで、組織が同調から外れ、過剰支出のストレスに陥らないようにすることができます。

さらに、改善すべき領域を特定すると、全体的なSLM戦略を強化できるようになります。 SoftwareONEは、組織の短期、中期、および長期の目標達成をお手伝いいたします。

コスト削減の準備はできましたか?

SLMは、多くの商業的および技術的問題が密接に関連しているため、非常に複雑な問題です。ソフトウェアメーカーによる戦略の変更や絶えず変化するビジネス要件などの要因により、SLMはさらに複雑になります。これらの困難な時代に対処するために、ITエグゼクティブがソフトウェアのコスト削減、コスト回避、および全体的なリスク削減の分野で迅速な勝利を示すのに役立つ独自のソフトウェア節約プログラムであるSLM CostTake-Outを作成しました。

フライヤーを見る(英語)

この記事に関するコメント

お客様のご意見をぜひお聞かせください

コメントを残す

Author

Tomas Belavy

Country Lead, SoftwareONE Slovakia

Related Articles

Reviewing & Amending Your SAM Process Via a Third Party

SAMプロセスレビューおよび修正をサードパーティに任せるメリット

SAMプロセスを簡単に見直し、修正できる機能は必須です。サードパーティを介して開始する方法についての詳細はこちらをご覧ください。

SAP監査とコンプライアンスのリスクを管理する方法

交渉を成功に導き、SAP監査を乗り切るためには、しっかりした準備が鍵となります。よくあるコンプライアンス上の問題点を学び、環境を最適化して全体的なリスクを低減することができます。

itam-forum

ITAMフォーラム

ITAMフォーラムの後援者として、ITAMフォーラムの作成者であるMartin Thompson氏に、ITAMフォーラムの組織とITAM業界の目標についてお話を伺いました。