Two IT security experts secure cloud environment

クラウド ワークロード セキュリティ

セキュリティの脅威を先取りし、マルチクラウド環境を保護する

クラウド ワークロードのセキュリティを次のレベルへ

悪意のあるハッカーは常に新しいマルウェアを作成してデータセンターに侵入しようとします。それは、そのデータは彼らにとって貴重なものだからです。問題は、ほとんどが侵入者がシステムを侵害したことに気づかないことです。

組織にとってどの資産が最も重要であるかを特定し、セキュリティとコンプライアンスのギャップを評価して、予防と修正のための一連の行動指針を作成できるようにすることが重要です。 SoftwareONEは、お客様の信頼できるアドバイザーとして、悪意のある活動を阻止し、AzureやAWSなどのミッションクリティカルなクラウド ワークロードのセキュリティ効果を向上させるための支援をします。

Cloud Workload Security Logo

クラウド セキュリティの脅威トップ5を把握しておきましょう

Browser Icon

データ侵害

Transfer Icon

フィッシングとソーシャル エンジニアリング

API Icon

安全でないAPIとユーザー インターフェース

HTML Icon

システム脆弱性

Personal ID Icon

アイデンティティとアクセス管理(IAM)の手順の欠如

SoftwareONEのクラウド ワークロード セキュリティの提供

データ侵害は、個人的に大きな影響を与える可能性があります。セキュリティの脅威を早期発見するには、強力でありながら柔軟性のある計画が必要です。当社のクラウド ワークロード セキュリティサービスは、セキュリティチームと運用チームがクラウドで作業する際に直面するそれぞれの課題に対応するように設計されています。マルチクラウドやハイブリッド環境(Azure、AWS、オンプレミスなど)で仮想サーバーを保護するために、当社のクラウドセキュリティ コンサルタントがお客様と協力して、3つの重要なステージからなる信頼できるアプローチに従って、最適なクラウド ワークロード セキュリティ ソリューションを計画、構築、実行します。(1) 保護、(2) 検出、(3) 対応。

保護 - クラウド環境を保護し、悪用される可能性のある攻撃領域を減らすことでリスクを軽減します。

検出 - 24時間365日体制のセキュリティ オペレーション センター(SOC)のアラート監視により、透明性を可能にし、インテリジェントな意思決定を可能にします。 

対応 - セキュリティ問題への迅速かつインテリジェントな対応を可能にし、重要なビジネスシステムの可用性を向上させます。

クラウド環境における悪質な活動を阻止し、セキュリティの有効性を向上させる

クラウドベースの技術やプロセスへの移行が進展する中、今のビジネスでは従来のセキュリティ設定とクラウドセキュリティの新たな設定とのギャップを埋める必要があります。これには、クラウドのワークロードを継続的に監視するだけでなく、Azure、AWS、オンプレミスのデータセンターなど、複数の環境にまたがる強固なセキュリティ設定を行うことも含まれます。当社のクラウド ワークロード セキュリティ サービスを利用すると、以下のようなことが可能になります。

  • サイバー脅威からの保護と回復力を向上させる

  • データ/評判/ファイナンス上の損失のリスクを軽減

  • セキュリティ状態の透明性を高める 

  • セキュリティポリシーと規制要件のコンプライアンスを向上させる 

  • 複雑さを軽減し、セキュリティ管理を簡素化 

  • 全体的なセキュリティコストを削減し、業務効率を向上させる 

お客様の課題に基づき、マルチクラウドやハイブリッド環境(Azure、AWS、オンプレミスなど)で仮想サーバーを保護するための最適なオプションを提供するために、当社はクラウド ワークロード セキュリティ サービスを開発しました。お客様のニーズやビジネス要件に応じて、3つの異なるバンドルからお選びいただけます。

Silver medal icon

シルバー:
マルウェア対策
 

既知のマルウェアをスキャンするだけでなく、不審な活動を認識できる機械学習を用いて未知の脅威を検出する

Gold medal icon

ゴールド:
マルウェアとネットワーク保護

マルウェア保護に加えて、ネットワーク トラフィックの保護と脆弱性のあるサーバーへの仮想パッチ適用を追加しました。

Platinum medal icon

プラチナ:
マルウェア、ネットワーク&コンフィギュレーション、アプリケーション保護 

マルウェアとネットワーク保護に加えて、VM 構成とアプリケーションの保護を追加して、承認のないシステム変更やアプリケーションのインストールを防止します。

リスクを知って資産を守る

SoftwareONEのクラウド ワークロード セキュリティは、マルチクラウド環境(Azure、AWS、オンプレミスなど)で仮想サーバーを保護するための効果的なクラウド ワークロード保護を提供します。

フライヤーをダウンロードする

サイバー セキュリティ オペレーションセンターにお任せください

クラウド ワークロード セキュリティの 3 つのバンドルすべてには、サイバー セキュリティ オペレーション センター (C-SOC) が含まれています。C-SOC はお客様の環境を継続的に監視し、アラートを送信することで、お客様のセキュリティ チームが脅威やセキュリティ インシデントに積極的に対応できるようにします。

 

重い荷物は私たちに任せてください

  • ゼロタッチ管理とソリューション展開

  • C-SOCはISO認証を取得しており、環境を継続的に監視し、アラートを送信することで、セキュリティチームが脅威やセキュリティ インシデントに積極的に対応できるようにします。

  • セキュリティに関する推奨事項を含む月次レポート

  • 機能アップデートとバージョンアップグレードの管理 

関連ブログ

Malicious Deletion

M365データのバックアップ: 悪意のある削除

悪意のある削除は悪夢ではなく現実のものです。M365のデータをバックアップし、その脅威から安全に守る方法について詳細はこちらをご覧ください。

Risks of Maintaining SQL 2008 After End of Support

SQL Server 2008のサポート終了におけるリスクと管理

SQL EoSが繰り返すたびに企業は SQL ソリューションを更新しなければなりません。これを読んで、サポート終了後も SQL Server 2008 を維持することのリスクを学びましょう。

お問い合わせ

このフォームに必要事項を記入してお問い合わせください

お問い合わせ