Microsoft Teams

コラボレーションで従業員を快適に

最先端の通信機能で未来のワークプレイスを加速する

Hub for Teamwork

ビジネスは継続させる必要があります。そのためには、今まで以上に Microsoft Teams が必要です。Microsoft 365 のチーム コラボレーションのハブは、チームがより積極的かつ効果的に活動するために必要な、人、コンテンツ、ツールを統合します。SoftwareONEは、お客様のデジタル トランスフォーメーションの中核となるMicrosoft Teamsを最大に活用するお手伝いをいたします。

Microsoft Teamsは、Skype for BusinessとSharePointをベースに、電話会議、ビデオ会議、Web会議、メッセージング、臨時会議などを利用したインテリジェントなコラボレーションを実現します。しかし、これはビジネスの可能性を広げるものでもあります。 

スタッフに新しい方法でコラボレーションを考えてもらう

従来のコラボレーションは、対面での会議や電話での会話、電子メールでのやりとりやファイルの添付などが一般的でした。Microsoft Teamsでは、ビデオ会議、インスタントメッセージ、リアルタイムのドキュメントコラボレーション、ファイル共有などの複数のコミュニケーション手段を、必要に応じて個別に、あるいはまとめて、1つの場所でシームレスに切り替えることができます。

Question Icon

より効果的なコミュニケーション

グループチャット、オンラインミーティング、通話、Web会議で、チームの意思疎通を図ることができます。

Contract Checklist

ワークスペースのカスタマイズ

お気に入りのMicrosoftアプリケーションやサードパーティのサービスを追加して、ビジネスを円滑に進めることができます。

Teamwork Icon

より良い共同作業

Word、Excel、PowerPoint、SharePointなどMicrosoft 365に含まれるアプリケーションを使って、ファイルの共同作業ができます。

Padlock Icon

チームの安全を守る

Microsoft 365は、エンドツーエンドのセキュリティ、管理制御、およびコンプライアンスを提供します。

Microsoft Teamsが必要不可欠になった理由

4 時間

コラボレーションと情報共有の改善により、従業員が週に節約できる時間

17.7 %

意思決定者の意思決定までの時間を改善

150

3年目までに宿泊を伴う出張がオンラインミーティングに置き換えられた平均回数

88%

調査で「すべてのソリューションを一箇所に集めることで時間の節約になる」と感じている人の割合

45 分

現場の最前線で活躍する従業員(ファーストラインワーカー)が同僚とコラボレーションすることで、週に節約できる時間

18.9%

毎週のミーティングの削減率

Microsoft Teamsで生産性を高め、時間を有効活用する方法をご紹介します。

Roland Berger 社は、経営コンサルティングのリーディングカンパニーとして、コミュニケーションを大切にしています。スタッフのコラボレーションを向上させるために、Roland Berger 社はSoftwareONEと提携し、Microsoft Teamsを導入しました。現在、Roland Berger 社の社員は、効果的かつ迅速で柔軟なコミュニケーションとコラボレーションの基盤として、最新のチームワークハブをうまく活用しています。


詳しく見る

どこにいても仕事ができる - スピード感のある効率的なリモートワークを実現

パンデミックは、ほとんどの組織にとって「クラウド ファースト」から「クラウド ナウ」戦略へと移行するきっかけとなりました。パンデミックの前にSkype for Businessを使用していた多くの企業は、Teamsの導入を加速させました。在宅勤務が定着してきたこともあり、Microsoft Teamsは今日のリモートワークの柱となっています。世界中の企業が、コミュニケーションと生産性の向上のためにTeamsを活用しています。 

Microsoft社は、ユーザーのニーズを汲み取り、プラットフォームの進化と革新を続けてきました。実際に、一連の新機能が展開されています。 

バーチャル ブレイクアウト ルーム

会議を少人数のグループに分けて、よりスムーズに議論を進めることができます。

承認のスピードアップ

承認タイプの選択、詳細情報の追加、ファイルの添付、承認者の選択など、すべてを一度に行うことができます。

会議終了のお知らせ

会議終了時刻の5分前に、会議参加者に通知されます。

ライブ トランスクリプション&キャプション

自動化されたAI駆動のキャプションにより、会議での発言内容をフォローできるようになります。

複数の番号をダイヤルする

連絡先を探すために、プラットフォームやプログラムを切り替える必要はもうありません。

背景のカスタマイズ

お手持ちの画像やTeamsコレクションの画像を使って背景をカスタマイズすれば、会議に集中できます。

検索機能の向上

上位3件のメッセージが生成され、時系列ではなく関連性の高い順に表示されます。

より強固な管理とセキュリティ

検証と認証をサポートする自動化されたプロセスは、攻撃のリスクを制限します。

この他にも、Teams の新機能は数多くあります。通話機能の向上やセキュリティの強化など、Teams が提供するすべての機能を活用してみてはいかがでしょうか。今すぐ、生産性の向上に取り組んでください。

Microsoft Teamsを使い始める

Microsoft Teams の導入および対応する Microsoft Teams サービスは、アプリケーションを従来のオンプレミスサーバー環境からクラウドに移行する場合とよく似ています。組織の規模や地理的な場所にもよりますが、このプロセスは数か月から1年以上に及ぶ可能性があります。この移行プロセスは、以下のようないくつかの考慮すべきステップで構成されています。 

テクニカルの準備

クラウドへの移行により、クライアントとMicrosoft 365クラウド間のトラフィックの帯域幅パターンが変化するため、これらのルーティンの変更に対して十分な準備をしておく必要があります。

Group Icon

チームとチャンネル

Microsoft 365 スイートに搭載されている Microsoft Teams をどのように導入・設定するか、組織は慎重に検討する必要があります。最大限の効果を得るために、誰が様々なチームやチャンネルを設定するかを決めます。どの人やグループを含めるかを決定します。

Diploma Icon

セキュリティと
コンプライアンス

Microsoft Teams サービスでは、様々なセキュリティおよびコンプライアンスのツールやプロトコルを使用しています。監査とレポート、データ保持ポリシー、電子情報開示ソリューション(eDiscovery)、訴訟ホールドのすべてが、Microsoft Teamsの導入前にセットアップされ、設定される必要があります。

これらのベストプラクティスを採用することで、Microsoft Teams を フューチャーワークプレイにうまく統合することができるようになります。

SoftwareONEと一緒にフューチャーワークプレイスを実現しませんか

365Simple

365Simpleサービスは、お客様の個別のビジネスニーズに基づいて、Teamsを含むMicrosoft 365のメリットを取り入れ、ユーザーや運用の複雑さを軽減するためのサービスです。

詳しく見る
Man using virtual reality headset

定着化&チェンジマネジメント

従業員を巻き込み、行動を変えさせることができなければ、望ましいビジネス成果は達成できません。当社は、従業員がTeamsを含むMicrosoft 365のメリットを最大限に発揮できるように支援します。 従業員を巻き込み、行動を変えさせることができなければ、望ましいビジネス成果は達成できません。当社は、従業員がTeamsを含むMicrosoft 365のメリットを最大限に発揮できるように支援します。

詳しく見る

マネージド365セキュリティ

当社のマネージド365セキュリティサービスは、お客様の組織がセキュリティインシデントに効果的に対応し、Microsoft 365セキュリティ投資の効果と利益を最大限に発揮できるように支援します。

詳しく見る

関連するブログ

ensuring-effective-data-backup-for-your-multi-cloud-strategy

Microsoft 365のバックアップ運用の必要性

バックアップを考えるとき、そのツールの特性だけでなく、どう運用していくのかを検討する必要があります。ここではMicrosoft 365のバックアップにおける落とし穴と、バックアップ運用の必要性について詳しくご紹介します。

Why You Need Zero Trust Security in a Hybrid Workplace | SoftwareONE Blog

ハイブリッドワークスペースにゼロトラストが必要な理由

パンデミックは私たちの働き方を変えました。そしてそれは、組織がデータを保護する方法も含みます。リモートワークではなぜゼロトラストが必要なのか、その理由をご覧ください。

Intranet with Microsoft 365: Modern Experience with SharePoint Online
  • 08 11月 2021
  • Bernhard Schmidt
  • Future Workplace, User Productivity
  • Microsoft 365, SharePoint, Future Office, 365Simple

Microsoft 365でイントラネットを計画・導入

ユーザーはすでにSharePointOnlineの真のファンになっています。 これで、このプラットフォームに会社のイントラネットをマッピングする方法を学ぶことができます。

お問い合わせ

このフォームに必要事項を記入してお問い合わせください

お問い合わせ