Male person in test room

導入事例

クラウド移行でビジネス環境を向上

On the Test Stand

ビジネスに不可欠なアプリケーションと全社的なイントラネットのモダン化により、VdS社のコミュニケーションと共同作業に新たな道が開かれました。

防火・防犯、自然災害防止、サイバーセキュリティに注力するドイツのVdS Schadenverhütung GmbH(VdS)社は、2015年からSoftwareONEのサポートにより、社内全体のイントラネットを数回にわたって継続的にモダン化しました。全従業員が最適な労働条件、最新のツールやアプリケーションにアクセスできるようにするため、VdS社はMicrosoft 365とMicrosoft .NETによるクラウドに移行して、イントラネットと特定のビジネスクリティカルなアプリケーションのさらなるモダナイゼーションを進めることを決定しました。

このジャーニーを成功させるために、VdS社はM365 Power PlatformとTeamsの導入、および業務プロセスの最適化と新しいコミュニケーションオプションの作成をサポートする必要がありました。VdS社は、従来の SharePoint 環境をクラウドに統合することで、コストと管理作業を最小化することを目指していました。VdS社の SharePoint 環境における長年の信頼できるアドバイザーとして、SoftwareONE は M365 クラウドへの移行をサポートするパートナーに再び選ばれました。

さらにVdS社は、SoftwareONEのアプリケーション モダナイゼーション サービスを活用し、重要なアナログ アプリケーションの自動化と合理化を実現しました。SoftwareONEによって構築された「MyCertification」Webアプリケーションは、VdS社の顧客の認証アプリケーションの取り扱いを簡素化し、VdS社の時間とコストを削減しました。

Peter Vaskó氏

「SoftwareONEとは長年にわたって良好な関係を築いてきました。SoftwareONEのITスペシャリストは建設的なワークフローで当社のソリューションを実装することを明確にしました。最新のクラウドアーキテクチャに切り替えたことで、私たちの期待に十分に応えてくれました。非常に満足していますし、今後も協業していくことを期待します。」

VdS Schadenverhütung GmbH社 IT部門責任者

プロジェクト

  • VdS Schadenverhütung社

  • 保険会社

  • SharePointからSharePoint Onlineへの移行によるイントラネットと複数のビジネスアプリケーションのモダナイゼーション、TeamsやPower PlatformなどのMicrosoft 365サービスの追加導入、顧客申請の処理を改善するための「MyCertification」Webアプリケーションの開発にSoftwareONE アプリケーション モダナイゼーション サービスを採用、導入したすべてのMicrosoftサービスについてSoftwareONEが継続的に運用サポートを行いました。

フライヤーを見る

VdS Schadenverhütung社の導入事例の詳細についてはフライヤーをご覧ください。

フライヤーを見る

お客様について

VdS Schadenverhütung GmbH(VdS)社はドイツのケルンに本社を構え、500人の従業員を擁します。ドイツ保険協会(GDV)傘下のVdS社は、火災・盗難防止、自然災害防止、サイバーセキュリティを中心とした企業セキュリティで世界的に有名な企業です。そのサービスは、リスク評価、システム検査、製品・企業・専門家の認証、幅広い教育サービスなど多岐にわたります。顧客は、国際的な大手メーカーや開発会社、専門企業、銀行、保険会社など、あらゆる分野の産業・商業企業です。

課題

2015年以来、SoftwareONEとVdS社の密接で信頼できるコラボレーションは、SharePointとSharePoint関連のトピックに焦点を当てています。これには概念化、実装、そして長期的な運用サポートが含まれています。

VdS社は、これまでの契約では、Microsoft SharePoint と NINTEX (ワークフローとフォーム) 技術をベースにしたイントラネットといくつかのビジネスアプリケーション モダナイゼーションを利用してきました。SoftwareONEのアドバイス、設計、プロフェッショナルサービスにより、VdS社はバージョン2010から2013、2016までのSharePointファームの大規模な移行を計画、実施しました。

保険会社の戦略は常に、新しい要件を満たし、魅力的な雇用主としての市場競争力を維持するための最新技術の継続的な開発に重点を置いています。VdS社がクラウドに移行し、一流の顧客サービスとVdS社の従業員に最適な労働条件を提供し続けられる環境を整えようと考えたのは、いくつかの要因があったからです。クラウドへの移行は、拡張性と高可用性の大幅な向上をもたらすと同時に、増え続けるコストとオーバーヘッド管理を削減することができます。ビジネス クリティカルなアプリケーションの手動でのプロセスを継続的に自動化しても、VdS社はついに SharePoint 技術の限界に達したのです。

その結果、VdS社はSharePoint、SQL、NINTEXをサービスとしてのソフトウェア(SaaS)のMicrosoft 365クラウドテクノロジーを使って段階的に統合していくことを計画しました。この変更により、VdS社 の IT 部門の経費が削減され、全従業員が高性能なアプリケーションと最新のコミュニケーションツールにアクセスできるようになり、最高の労働環境が実現されました。さらにVdS社は、時間のかかるアナログ処理、特定の顧客アプリケーションの提供、修正を自動化・簡素化するため、SoftwareONEに個別のWebアプリケーションの開発を依頼しました。

ソリューション

信頼できるSharePointのアドバイザーであり、MicrosoftのゴールドパートナーであるSoftwareONEは、VdS社のクラウドへの移行支援パートナーに選ばれました。このコラボレーションにより、継続的な運用サポート、アドバイス、概念設計、および実装が実現しました。

Microsoft SharePoint Online & Teams によるイントラネットのモダナイゼーション

SharePoint 2016 ファームを SharePoint Online に移行することで、VdS社は Teams などの最新のコラボレーション ツールや Microsoft 365 サービスと全社的にやり取りできる、将来性のあるイントラネットを構築しました。関連するコンテンツはすべて拡張性のある新しい環境に移行でき、古いSharePoint環境を支えていたコスト高なプライベートクラウドを切り離すことができました。現在、M365のコラボレーションサービスは全社的に利用されています。

Microsoft Power Platformによる業務アプリの改善

VdS社のさまざまな部署で使用されている個別の業務アプリケーションやポータルソリューションは、SharePoint 2016からMicrosoft 365に徐々に移行していきました。主にNINTEXの技術に基づいた専門的なアプリケーションは、Microsoft Power Platformで移行されました。Power AutomateやPowerAppsなどのクラウドベースのツールを活用し、自動化されたワークフローやユーザー定義のアプリケーションを新しいIT環境にシームレスに統合し、VdS社の従業員が迅速に利用できるようになりました。

Microsoft .NETによるアプリ開発

従来、VdS社のお客様が製品認証を受けるには、紙で申請書を提出する必要がありました。これをSAP、SharePoint、Active Directoryなどの専門アプリケーションに手作業で転送していました。

この手順は、非常に時間がかかり、リソースを消費し、ミスが起こりやすいものでした。また、SharePointを使ったポータルとしてプロセスフローを自動化する試みも十分ではありませんでした。顧客製品の認証更新を処理する場合、保有者がオンラインで直接閲覧、更新、変更できるようにするのが理想的です。しかし、VdS社が現在発行している 7,000~8,000 件の認証では、SharePoint では顧客インターフェースとVdS社の両方に十分なユーザー権限を割り当てることができず、限界に達していました。

この時間とリソースを要するプロセスを合理化するために、SoftwareONEのアプリケーション モダナイゼーション サービスは、Webベースのアプリ 「MyCertification」を開発しました。Microsoft .NETをベースにしたこのアプリは、顧客のアプリケーションをデジタル化、簡略化、透過的に表示し、以前のアナログ処理に取って代わるものです。この変更により、データ管理に必要な時間が大幅に短縮され、テスト手順も自動化されたため、データ品質が向上しました。顧客にとっては、Microsoft .NETのWebアプリケーション「MyCertification」は、必要なすべてのユーザー権限を付与し、変更や拡張のためのオンライン申請など、認証のステータスに関する完全な概要を提供することができます。VdS社にとって、この新しいアプリケーションは、処理時間の短縮、コストの最小化、そして顧客に優しいサービスの向上を意味します。

成果

  • イントラネットをモダン化:VdS社は、従来の SharePoint と NINTEX テクノロジーから、Teams や Power Platform などの強力なコラボレーション ツールを備えた SharePoint Online など、クラウド ベースの Microsoft 365 サービスに移行しました。これにより、VdS社は拡張性、可用性、堅牢性、将来性を備えた IT 環境を手に入れ、全社的なコミュニケーションおよびコラボレーション プラットフォームとして、モダンで使いやすいイントラネットを実現する条件を整えました。
  • 強化されたビジネスアプリ:VdS社のいくつかの部門ビジネスアプリケーションは、SharePoint から SharePoint Online へ、NINTEX から Microsoft Power Platform へと移行されました。これにより、クラウド技術を使用したアプリケーションのパフォーマンスが強化され、可用性が大幅に最適化されました。
  • コスト削減を実現:サービスとしてのソフトウェア(SaaS)としてMicrosoft 365 への移行と、SharePoint のオンプレミス環境の段階的な縮小・統合により、不要なコストを大幅に削減することができました。
  • 生産性の向上:クラウド上のMicrosoft 365サービスは、コミュニケーション、業務プロセス、およびコラボレーションを最適化します。時間や場所に関係なく最新の機能を備えたツールを使用することで、VdS社のお客様やパートナーのサービスの効率性、生産性、最適化を向上させました。
  • 顧客向け新Webアプリ「MyCertification」:SoftwareONEによるWebアプリケーション「MyCertification」の開発により、VdS社は顧客の認証申請をより迅速に、より顧客に優しい方法で処理することができるようになりました。自動化により処理が高速化され、Webをインターフェースとすることで、認証状況の完全な透明性や更新オプションなど、顧客がデータに直接、迅速かつ容易にアクセスすることができます。SoftwareONEは、このソリューションを継続的にメンテナンスしています。
User Productivity Advisor

SoftwareONEユーザー生産性ソリューション

絶えず生じる業務変更に対応し、環境全体で持続性を実現できるようSoftwareONEのユーザー生産性ソリューションが組織をサポートします。

詳しく見る

関連する導入事例

hand holding mobile phone showing medical app

オンラインチャットやビデオ通話でヘルスケアサービスへのアクセスを容易にする

SoftwareONEのアプリケーションサービスは、特にCOVID-19の発生以降、Emi社が患者へのサービスを向上させるために、医療スタッフとのオンラインチャットやビデオ通話などのリモートサービスを提供することで、医療サービスの拡大に貢献しました。

詳しく見る

お問い合わせ

このフォームに必要事項を記入してお問い合わせください

お問い合わせ