ビデオ会議

モダンワークプレイスの基盤となる

ビデオコラボレーションを日常のビジネスに取り入れて成功する

オンラインミーティングの数はかつてないほど増えています。社員は平均で週に8回のミーティングを行っています。ハイテク産業のエグゼクティブは、週に17回ものオンラインミーティングを行っています。コラボレーションと接続性が、バーチャル会議の急速な増加を促しています。現在、すべての会議の3分の1以上がバーチャル会議となっています。参加者は、遠隔地のオフィスや外出先など、電話回線があればどこからでも参加することができます。

そのため、今日のモバイルワーカーは、接続を維持するための技術に大きく依存しています。適切な技術的増幅を備えたデバイスは、オフィスの物理的境界を広げ、バーチャル会議室として機能します。Microsoft 365のような最新のオフィスソリューションを導入すると、ユニファイド コミュニケーション(UC)戦略の一環として、互換性のあるビデオ会議ソリューションの需要が高まります。

様々なタイプのビデオ会議(VC)システム

遠隔地にいるチームの管理から海外での商談成立まで、ビデオ会議はあらゆる規模や機能のビジネスに欠かせないものとなっています。HDビデオストリーミングとノイズの少ないクリアな音声を備えた最高のビデオ会議技術は、デジタル会議に対面のような体験をもたらし、オペレーションを大きく変えることができます。ビデオ会議を成功させるためには、いくつかのツールが必要です。お客様のニーズに合わせて、さまざまなタイプのビデオ会議システムをお選びいただけます。

Desktop video conferencing

デスクトップビデオ会議

パソコンやノートパソコンに、会議用のハードウェアやソフトウェアがすべて内蔵されています。

Telepresence video conferencing

テレプレゼンス

複数のスクリーンやモニターを使用して、全員が対面で会議に参加しているような感覚を得ることができます。

Room-based video conferencing

ルームベース

ビデオ会議の技術がルーム自体に組み込まれています(例:Huddle Room)。

どのタイプのビデオ会議を選択しても、ビデオ会議技術には数多くのユースケースがあり、同僚、顧客とのつながりを維持することができます。

Microsoft Teams - モダンワークプレイスでのコラボレーション

Microsoft 365の一部であるMicrosoft Teamsでは、さまざまなアプリケーション(Microsoft Outlookなど)から直接ビデオ通話を簡単に開始できます。Microsoftやその他のパートナーは、Microsoft Teams用にテストされ、認証された特別な会議ソリューションを提供しています。Microsoftのモダンワークプレイスは、ユーザーフレンドリーで、魅力的で高品質なユーザーエクスペリエンスを実現し、チームの潜在能力を最大限に引き出し、コストを抑えながらコラボレーションを大幅に向上させます。

ビデオ会議技術の主な用途

  1. チームミーティング
  2. ウェビナー
  3. 製品デモ
  4. マンツーマンのトレーニングとサポート
  5. 面接

コラボレーションのためのプラットフォームで新しいアイデアを発見

  • チームのメンバーが大画面に集まり、アイデアを生み出だすことができます。ホワイトボードに直接書き込んで、すべてのアイデアを記録できます。
  • ワンタッチでMicrosoft Teamsのミーティングに参加できます。コンテンツを簡単に共有できます。会議のメモやコンテンツを簡単に送信できます。
  • 大画面でのペンやタッチ操作に最適化されたアプリケーションを使って、新しい方法で共同作業ができます。他のアプリケーションからマルチメディアやコンテンツを取り込むことができます。

ビデオ会議利用のメリット

Keyboard Icon

今日のデジタル ワークフォースを可能にする

Idea Icon

シンプルな管理と使いやすさ

Video Chat Icon

シンプルな管理と使いやすさ

Question Icon

ビデオファーストの文化でコミュニケーションを向上させる

Teamwork Icon

コミュニケーションの信頼性を高める

どこで働いていても社員に活力を与える方法を発見する

Welthungerhilfe社は、飢餓撲滅のための日々の活動の中で、ユニファイドコミュニケーションとコラボレーションのソリューションを必要としていました。SoftwareONEのUCエキスパートは、古い電話システムから使いやすいビデオ会議ソリューションへのスムーズな移行を実現しました。今ではWelthungerhilfe社のチームは、いつでもどこでも簡単に音声やビデオの会議をセットアップして開催できるようになりました。

詳しく見る(英語)

ハイブリットワークへの対応

ワークプレイスは基本的なレベルで変化しています。現代のチームは同じ建物の中にいなくても生産性を上げることができます。ハイブリッドワーク、フレックス、リモートワークの時代が到来したのです。この新しい状況の中で、企業は物理的なスペースを縮小し、雇用戦略を見直し、今後数年間でチームがつながる方法を大きく変えようとしています。会議室は、ハイブリッドワークの時代に大きな変化を迎える最も重要な環境の一つです。約74%の従業員が週に2日以上の在宅勤務を希望している今、ハイブリッドワークは未来のデザインであると考えられます。

Video Conferencing is Here to Stay – No Matter the Industry

製造業

調達からエンジニアリング、最終製品のレビューまで、ビデオ会議はあらゆる段階で製造効率を向上させます。

ヘルスケア

体の不自由な患者さんや遠隔地に住む患者さんが、自宅にいながらにして医療を受けたり、監視したりすることができます。

教育

ビデオ会議を使った教室では、驚くほどインタラクティブな学習体験ができます。

Video call with people from different industries

ファイナンス

人生で最も重要な決断やビジネス上の取引を行う際、相手の目を見ながら行うことはとても重要です。

グローバルビジネス

社内のチーム、パートナーやお客様とのコラボレーションなど、グローバルビジネスでは、情報の共有、問題解決、迅速な意思決定のためにビデオ会議を活用しています。

政府・公共機関

ビデオ会議は、 官公庁のプログラムを拡大するために、コスト効率がとても高く、チームやパートナーとのつながりを維持するための本格的な方法を提供します。

単に使えるだけのビデオ会議や、進化しないビデオ会議は、現代のハイブリッドな仕事をサポートするためには、もはや選択肢ではありません。これからの時代、繁栄するヒューマン エンタープライズの構築は、ビデオコミュニケーションにかかっており、最終的には現代の仕事を支える人間をサポートするためのより良い方法を見つけることが重要です。

進化するSoftwareONEのサービス

Software Publisher Advisor

メーカー別ライセンス アドバイザリサービス

SoftwareONEは、Microsoftを含む世界中のトップテクノロジー企業との関係を築き、ビジネス上の課題に最適なソリューションを選択、実装、および使用できるように支援しています。

詳しく見る

365Simple

個々のビジネスニーズに基づいて、365Simpleサービスは、Teamsを含むMicrosoft 365の利点を活用し、ユーザーと運用の複雑さを軽減するのに役立ちます。

詳しく見る
Man using virtual reality headset

定着化&チェンジマネジメント

従業員を巻き込み、彼らの行動を変えなければ、望み通りのビジネス成果は達成できません。 Teamasを含むMicrosoft365のメリットを従業員が実感できるように支援します。

詳しく見る

関連するブログ

New Features to Boost Your Collaboration in Microsoft Teams
  • 11 2月 2021
  • Erik Moll
  • Future Workplace, User Productivity
  • Teams, Remote Work, Collaboration, Automation, Microsoft

Microsoft Teams コラボレーションを促進する新機能

Microsoft Teamsは、リモートワークの柱となっています。2021年に活用すべきTeamsの機能をご紹介します。

remote working
  • 15 10月 2020
  • Alex Dalglish
  • remote-workplace-solutions, Future Workplace, Digital Transformation, Reset and Thrive
  • Work from Home, New Normal, Flexible Work

ビジネスをリセットして成功させる Part8 : リモートワークのリセット

COVID-19に端を発した急速なITとデジタル トランスフォーメーションの中で、組織はどのように管理してきたのでしょうか?概要をご覧ください。

Reset and Thrive 

ビジネスをリセットして成功させる Part5 - 未来のセキュリティリスクを減らす方法

組織がリモートワークを選ぶ場合でも、オフィスに戻る場合でも、セキュリティは優先順位の高いものでなければなりません。セキュリティリスクを軽減する方法をご紹介します。

お問い合わせ

このフォームに必要事項を記入してお問い合わせください

お問い合わせ