4 詳しく見るCloud Services

クラウド導入の課題を克服するためにSoftwareOneができること

gordon-davey-contact
Gordon DaveyGlobal Azure Cloud Services Leader
how-softwareone-can-help-you-conquer-cloud-adoption-challenge-adobe-214611064-blog-hero

それぞれの企業組織にはクラウドに移行する多くの理由があります。 しかし、その理由を十分に明確にしていなかったり、非現実的な期待から始めたりすると、良かれと思って始めたモダン化計画が、たちまち多くの障害に直面し、頓挫してしまう可能性があります。

SoftwareOneは、このような状況にある多くの企業がクラウド導入の障壁を取り除き、変革のプロセスを軌道に乗せる支援をして参りました。ここでは、最も一般的な課題とその克服方法について当社が学んだことをご紹介いたします。

クラウドへ移行する理由を理解する

クラウド導入においてお客様が遭遇するかもしれない最初のハードルのひとつは、クラウド導入によって何を達成しようと期待しているかを明確にすることです。 多くの場合、企業の経営陣と社内IT部門は異なる見解を持っています。 つまり、経営陣は企業がクラウドのトレンドに遅れないようにする必要があると考えているかもしれませんし、IT部門はクラウド移行の課題や複雑さに注目しているかもしれません。 クラウド導入はデータのプライバシー、セキュリティ、ガバナンスなどに関わる部分である、データの保存・処理方法に根本的な変化をもたらすということを組織の全員が認識することが重要です。 また、クラウドは、現在お客様のビジネスには無い特色、機能、可能性を与えてくれます。

クラウドの導入がビジネスに何をもたらすかを理解したら、なぜクラウドに移行したいのかを明確にする必要があります。 オンプレミスのデータセンターを閉鎖してコストを削減したいのか? ITサービス需要の増減に対応するため、より高い拡張性が必要なのか? それとも、ビジネスを成長させ、新しい市場に進出するためなのか? クラウドがもたらす可能性を考える前に、まず上記の様にビジネスの目標を明確にする必要があります。

クラウド導入のロードマップを描く

クラウドジャーニーで企業が直面するもうひとつの一般的な課題は、必要とされる変化の大きさがどのくらいなのかということです。 これは、調査段階が永遠に続くような分析麻痺状態に陥る可能性があります。 あるいは、一部のワークロードがクラウドへの移行に適しているかどうかを十分に検討することなく、クラウドへの移行を単純に決断してしまう可能性があります。

いずれにせよ、こうした決断がクラウドを最大限に活用できない要因となっている可能性があります。

このような状況であれば、テクノロジーやアーキテクチャよりもアプリケーションに焦点を当てることが有効です。 重要なのは、それぞれのアプリケーションに何が必要かを決めることです。 アプリケーションをクラウドに移行することは可能か? まずアプリケーションを最新化する必要があるのか? それとも単純なリフト&シフトでよいのか?こうしたことを知ることで、優先順位を付け、移行プログラムをより管理しやすい単位に分割することが可能になります。

ライセンシング評価は重要な指針を提供します。 これは、自動化されたツールを使用して、現在のソフトウェア ライセンシングの状況を把握し、各アプリケーションをリタイヤすべきか、既存のライセンスを使用してそのままクラウドに移行すべきか、またはクラウドで新しいライセンスを使用して再実装すべきかどうかを判断します。

SoftwareOneは、この自動評価を、短時間の集中的調査を採用したツールによるレビューで補完し、組織内の各アプリケーション所有者から詳細な情報を取得します。 たとえば、これらの調査は、廃止されようとしているアプリケーションや、新しいコンプライアンス要件を満たすために更新が必要なアプリケーションを特定するのに役立ちます。

移行計画の策定

Aビジネス目標を明確にし、ライセンシングとアプリケーションを評価した後、どのアプリケーションを最初にクラウドに移行すべきかの優先順位を決め、移行計画の策定を開始することができます。 たとえば、アプリケーションの 20% をモダン化し、50% をリフト & シフトし、残りの 30% を廃止または再購入することができると結論付けることができます。 これが分かれば、クラウド戦略の詳細を詰めていくことができます。

SoftwareOneには、こうしたプロセスを通じてお客様企業を導くノウハウを持っており、主要なビジネスプロセスを中断しないように、特定のアプリケーションを移行するタイミングをどうするか等といった検討をご支援いたします。 たとえば、特定の季節に集中的に使用されるワークロードがある場合、お客様はそのプロセスに使用されるアプリケーションについては、その繁忙期を避けて移行することをご希望になるかもしれません。 アプリケーション中心のアプローチを採用することで、従来のサーバー中心のアプローチよりもはるかにシンプルに移行を計画することが可能になります。

また、効果的な移行計画を立てることで、コストがどの程度になるかを明確に把握することができます。 クラウドへの移行によって削減できる経費もありますが、移行の初期段階では必ずしもそうとは限りません。 データセンターのシャットダウン計画を考えてみましょう。クラウド移行が100%完了すればデータセンターの全運用コストを削減できますが、データセンターの アプリケーションのわずか15%を第1段階として移行しただけでは、オンプレミスにかかるコストのすべてとは言わないまでも、依然としてその大部分を支払う必要があります。 電気代、冷房費、ビル賃貸料といった面でも、残っているアプリケーションにまだ必要なものであれば、必ずしもきめ細かくコストが下がってゆくとは限りません。 このような場合にもSoftwareOneがお役に立ちます。 SoftwareOneは、Amazon Web Services、Google Cloud、Microsoft Azureといったハイパースケーラー クラウドサービス プロバイダー各社が提供するマイグレーション ファンディング プログラムに精通しており、お客様の移行コストを大幅に削減することが可能です。

クラウド移行と導入の専門家によるガイダンスをご覧ください

video-thumb_approach-a-cloud-adoption

SoftwareOneがお手伝いできること

SoftwareOneは、クラウド移行サービスに加え、FinOps、運用のベストプラクティス、クラウドマネージドサービス、セキュリティ、ユーザー生産性などに関する専門知識もご提供しております。 詳細またはクラウド導入をご検討でしたら、お気軽に問い合わせください。

crystals-unsplash-prqqqvpzmlw-cta-banner

クラウドの専門家に問い合わせる

クラウドの専門家がご支援いたします。お気軽にお問い合わせください。

クラウドの専門家に問い合わせる

クラウドの専門家がご支援いたします。お気軽にお問い合わせください。

Author

gordon-davey-contact

Gordon Davey
Global Azure Cloud Services Leader

Cloud Services (Azure)