Skype for Business

通話、チャット、オンラインミーティング、ビデオ会議 がひとつに

リアルタイムに入力できる強力なコラボレーションツールを発見

コミュニケーションがこれまで以上に簡単になります。Microsoft 365のSkype for Businessを使えば、使い慣れたOfficeアプリケーションを使って、どのデバイスでも同僚やビジネスパートナーと直接コミュニケーションをとることができます。Skype for Businessのインターフェイスでは、電話、ビデオ会議、音声通話、コンテンツ共有が1つのアプリケーションに集約されているため、時間とコストの両方を節約できます。シームレスなコミュニケーションとコラボレーションのメリットをぜひ実感してください。

Microsoft Teams で生産性を向上

Skype for Businessには、上記のようなメリットがありますが、Microsoft Teams をコラボレーション プラットフォームの代替として検討する時期が来ています。その背景には、Skype for Businessが段階的に廃止され、Microsoft Teamsが導入されていることが挙げられます。同プラットフォームの終息計画は2017年に発表されましたが、最初の実用的なステップは2021年7月の「Skype for Business Online」のシャットダウンで行われました。Skype for Business Server 2019は2025年までパッチや必須アップデートでサポートされますが、製品のアップデートや積極的な販売は行われなくなります。 

Skype for Business EOL Timeline

つまり、インターネット上での電話やチャット機能を継続して使用するためには、代替品が必要になるということです。デジタルワークプレイスの技術的な基盤としてMicrosoftに依存している企業は、その代替として、コラボレーションツール「Microsoft Teams」の利用を開始することができます。

利点:Teams は、ほとんどの Microsoft 365 ライセンスに含まれています。システム管理者は、従業員のためにこのアプリケーションを簡単に有効化することができます。それは、Teams は Azure クラウド コンピューティング プラットフォーム上で動作するウェブ アプリケーションであり、あらゆるデバイスで動作するからです。ブラウザ経由でも、デスクトップ アプリケーションやモバイル アプリケーションとしても使用できます。

Microsoftは、Skype for Business Onlineからの移行を成功させるために、Teamsのアップグレードを支援しています。

詳しく見る(英語)

Related Articles

New Features to Boost Your Collaboration in Microsoft Teams
  • 11 2月 2021
  • Erik Moll
  • Future Workplace, User Productivity
  • Teams, Remote Work, Collaboration, Automation, Microsoft

Microsoft Teams コラボレーションを促進する新機能

Microsoft Teamsは、リモートワークの柱となっています。2021年に活用すべきTeamsの機能をご紹介します。

remote working
  • 15 10月 2020
  • Alex Dalglish
  • remote-workplace-solutions, Future Workplace, Digital Transformation, Reset and Thrive
  • Work from Home, New Normal, Flexible Work

ビジネスをリセットして成功させる Part8 : リモートワークのリセット

COVID-19に端を発した急速なITとデジタル トランスフォーメーションの中で、組織はどのように管理してきたのでしょうか?概要をご覧ください。

Reset and Thrive 

ビジネスをリセットして成功させる Part5 - 未来のセキュリティリスクを減らす方法

組織がリモートワークを選ぶ場合でも、オフィスに戻る場合でも、セキュリティは優先順位の高いものでなければなりません。セキュリティリスクを軽減する方法をご紹介します。

お問い合わせ

このフォームに必要事項を記入してお問い合わせください

お問い合わせ