SoftwareONEがB-lay社を買収し、ソフトウェア ライフサイクル マネジメントにおける市場をリードする地位を強化し、SAPとOracleの機能を拡大

SoftwareONEがB-lay社を買収し、ソフトウェア ライフサイクル マネジメントにおける市場をリードする地位を強化し、SAPとOracleの機能を拡大する。

2020年7月13日、エンドツーエンドのソフトウェアおよびクラウド技術ソリューションのリーディング グローバル プロバイダであるSoftwareONE Holding AGは、SAPおよびOracleソリューション向けのソフトウェア資産管理(SAM)アドバイザリおよびマネージド サービスのリーディング プロバイダであるB-lay社を買収したことを発表した。今回の買収により、ヨーロッパにおけるSoftwareONEの市場をリードするソフトウェア ライフサイクル マネジメント(SLM)およびSAMのプラクティスがさらに強化され、重要なノウハウと提供能力が追加されることになる。B-layのZynccプラットフォームは、SoftwareONEの既存のエンドツーエンドのソフトウェア合理化およびPyraCloud上のクラウド最適化機能に組み込まれ、顧客のオンプレミスからクラウドへのワークロード変換を強化する。

2008年に設立され、オランダのユトレヒトに本社を置くB-lay社は、米国とルーマニアに子会社を持ち、センターオブエクセレンス(CoE)の拠点となっている。同社はマネージドサービスとプロフェッショナルサービスの両方を提供しており、特にコンプライアンス、監査、資産管理、インサイトに重点を置いて、顧客がソフトウェアとクラウドの利用を最適化できるように支援している。B-lay社独自のプラットフォームであるZynccは、クラウド契約とオンプレミスソフトウェアの管理と最適化をサポートしている。Mark van Wolferen、Heidy Goyens、Richard Spithovenの3人のマネージングパートナーは、SoftwareONEに入社し、ヨーロッパにおけるOracleとSAP SLMのプラクティスをリードしていく。

クラウドの導入が進む中、企業はデジタル投資の管理、最適化、制御に対する総合的なアプローチを必要としており、調達、導入、近代化、資産の廃棄に至るまでのライフサイクル全体をカバーしている。SoftwareONEは、700人以上のSLM専門のプロフェッショナルを擁し、世界最大級のSLMコンサルティング会社の1つである。B-lay社の高度で補完的なビジネスが加わったことで、SoftwareONEは、Oracle社やSAP社の商用およびテクノロジーソリューション向けのサービスを、ヨーロッパをはじめ世界的に大規模に提供できる体制が整ったことになる。

「B-lay社の競争力のあるサービス提供と起業家精神に感銘を受け、このチームがSoftwareONEのSLM業務にシームレスに統合されることを期待している。さらに、当社は買収戦略を引き続き成功裏に実行し、当社独自のPyraCloudプラットフォームに投資することで、顧客に最高のエンドツーエンドのソフトウェア デジタル サプライチェーンとトランスフォーメーション機能を提供できることを嬉しく思う」とSoftwareONEのCEOであるDieter Schlosserは述べている。

また、B-lay社の共同創業者でマネージングパートナーのMark van Wolferen氏は、「SoftwareONEと一緒に、我々の深い専門知識を活用して、顧客のソフトウェアとクラウド資産のより良い管理を継続的に支援していきたい」と述べている。 財務の詳細や取引条件は明らかにされていない。

財務の詳細や取引条件は明らかにされていない。

SoftwareONEについて

SoftwareONEは、スイスに本社を置き、エンドツーエンドのソフトウェアおよびクラウドテクノロジーソリューションを提供する世界的な大手プロバイダーです。バリューチェーン全体の機能を備え、企業の技術戦略の設計と実装、適切なソフトウェアとクラウドソリューションの適切な価格での購入、ソフトウェア資産の管理と最適化を支援しています。同社の製品は、SoftwareONE独自のデジタルプラットフォームであるPyraCloudによって接続されており、データドリブンの実用的なインテリジェンスを顧客に提供しています。約5,300人の従業員を擁し、90カ国で販売・サービス提供能力を持つSoftwareONEは、約65,000社の企業顧客に7,500社以上のパブリッシャーのソフトウェアおよびクラウドソリューションを提供しています。SoftwareONEの株式(SWON)は、スイス証券取引所(SIX)に上場しています。詳細については、SoftwareONE.com/ja-jp/をご覧ください。

 

SoftwareONE Holding AG, Riedenmatt 4, CH-6370 Stans

情報に関する注意事項

本メディアリリースには、当社グループの将来の事業、開発、経済的業績に関する一定の将来予測に関する記述が含まれている場合があります。このような記述は、不可抗力、競争上の圧力、法律や規制の動向、世界的、マクロ経済的、政治的動向、収益を上げ、事業を管理するために必要な従業員を惹きつけ、維持する当社グループの能力など、多くのリスク、不確実性、その他の重要な要因の影響を受ける可能性があります。通貨為替レートおよび一般的な財務市況の変動、会計基準または方針の変更、当局からの承認取得の遅延または不能、技術開発、訴訟、または不利な宣伝および報道の変動は、それぞれ、実際の開発および結果を本メディア・リリースに記載された記述と大きく異なるものにする可能性がある。SoftwareONEは、新たな情報、将来の出来事、またはその他の結果であるかどうかにかかわらず、将来の見通しに関する記述を更新または変更する義務を負わない。

連絡先

SoftwareONE Japan株式会社

162-0067 東京都新宿区富久町16-6 西倉LKビル9階
日本

info.jp@softwareone.com

03-5369-0140

03-6369-3707