メディアリリース

SoftwareONE、AWSと Azure のCloud Center of Excellenceを日本に構築へ 

2019年11月、エンドツーエンドのソフトウェアとクラウド技術ソリューションを提供するSoftwareONE Holding AGは、AWS、Google、Microsoft(Azure)などの大手ハイパースケールプロバイダーのソリューションと連携したサービスを提供するAWSとAzure Cloud Center of Excellenceを日本国内に構築する計画を発表した。

同社はこの計画を実現するための第一弾として、東京に拠点を置くAmazon Web Services(AWS)のスペシャリストであるMassive R&D株式会社の事業を買収した。今回の買収により、SoftwareONEの日本国内でのローカルサービスに、AWSのマネージド サービスとプロフェッショナルサービスが追加される。近い将来、この戦略では、AWSおよびAzure Cloud Center of Excellenceへの大規模な追加投資が期待されている

 

1000万人以上の顧客ソリューション移行を成功させてきたSoftwareONEは、中小企業(SME)のソフトウェア資産の一部をMicrosoft AzureやAmazon Web Servicesなどのクラウドベースのソリューションに移行する際に支援してきた実績があSoftwareONEのAzureおよびAWS関連のソリューションおよびサービスには、クラウドアドバイザリー、移行、デリバリ、マネージドサービスのほか、パブリッシャーアドバイザリーサービスや、「AzureSimple」と「Simple for AWS」の2つのバンドル製品がある。これらの製品は、クラウド環境を構築し、強固な利用分析を提供し、24時間365日の継続的なマネージド サービス サポートを提供することで、組織にパブリック クラウド プロバイダーのグローバルな機能へのアクセスを提供する

 

Massive R&D株式会社の買収は、2019年10月31日に資産取引の形で完了した。同社とそのチームは、SoftwareONEのAWSテクノロジープラクティスに完全に統合される。Massive R&D株式会社のCEOであった長谷川憲司氏は、日本におけるSoftwareONEのテクノロジーサービスをリードしていく

 

 

 

 

SoftwareONEについて

SoftwareONEは、スイスに本社を置き、エンドツーエンドのソフトウェアおよびクラウドテクノロジーソリューションを提供するグローバルな大手プロバイダーです。バリューチェーン全体の機能を備え、企業の技術戦略の設計と実装、適切なソフトウェアとクラウドソリューションの適切な価格での購入、ソフトウェア資産の管理と最適化を支援しています。同社の製品は、SoftwareONE独自のデジタルプラットフォームであるPyraCloudによって接続されており、データドリブンの実用的なインテリジェンスを顧客に提供しています。約5,300人の従業員を擁し、90カ国で販売・サービス提供するSoftwareONEは、約65,000社の企業顧客に7,500社以上のメーカーのソフトウェアおよびクラウドソリューションを提供しています。SoftwareONEの株式(SWON)は、スイス証券取引所(SIX)に上場しています。詳細については、SoftwareONE.com/ja-jp/をご覧ください。SoftwareONE Holding AG, Riedenmatt 4, CH-6370 Stans 

免責事項

本コミュニケーションは、SoftwareONE Holding AG(以下「当社」といいます)またはその子会社の有価証券の申込みや購入を勧誘するものではありません。本書には、当社およびその事業に関する特定の将来予測に関する記述、評価または意図が含まれている場合があります。将来の見通しに関する記述には、将来の結果、業績または成果を予測、予測、示唆または暗示するような記述が含まれますが、これらに限定されるものではなく、「かもしれない」、「だろう」、「すべきだ」、「継続する」、「信じる」、「予想する」、「期待する」、「推定する」、「意図する」、「計画する」、「継続する可能性が高い」、「結果が出る可能性が高い」、または類似の意味を持つ言葉やフレーズが含まれている可能性があります。これらの記述は、経営陣の現在の意図、期待または信念に基づくものであり、一定のリスク、不確実性およびその他の要因を内包しているため、当社の実際の業績、財務状況、業績または業績は、これらの記述によって明示または黙示されたものとは大きく異なる結果となる可能性があります。したがって、皆様は、これらの記述に依拠して、特に契約や投資判断に関連して、これらの記述を信頼してはなりません。当社は、これらの将来の見通しに関する記述、評価または意図を更新する義務を負いません。さらに、当社、その取締役、役員、従業員、代理人、弁護士、アドバイザー、その他の人物のいずれも、明示的または黙示的にかかわらず、いかなる表明または保証を行うものではなく、したがって、ここに含まれる情報の正確性または完全性、または与えられたまたは黙示的な見解を信頼してはなりません。