Getting Ready For The Cloud – How To Master Your Cloud Migration

eBook

Oracleライセンス監査への正しい対処法とは

eBook:Oracleライセンス監査への正しい対処法とは

Oracle社はユーザーに対し、意図しないコンプライアンス違反が起きる可能性があることに加え、ライセンス自体はユーザーに管理責任があり、ライセンスの理解と順守はユーザーの責務であると表明しています。しかし、統計によれば、オンプレミスのOracleユーザーの95%がライセンスコンプライアンスの維持管理を十分に行えておりません。

 

ライセンス監査でコンプライアンス違反が判明した場合、違反発生時点に遡及して保守費用を支払う必要があり、膨大な金額になることも珍しくありません。違反を指摘されるリスクの要因には、コンプライアンス意識の不足とリスクへの甘い認識などがあるが、自己流でコンプライアンスリスクを減らすのは難しいのが実情です。

 

本資料では、Oracle監査についての大原則から、監査でコンプライアンス違反を指摘される要因である4つのポイントを紹介します。

<資料内容>

.イントロダクション

.事実を知る~監査とユーザに求める大原則~

.4つの要因~監査でコンプライアンス違反の指摘を受けるリスク。その主な要因は4つ~

.Oracle アドバイザリサービス

 

右のダウンロードフォームからお申し込みください。