高島田 正哉

Oracle Services シニアコンサルタント

Oracleユーザが必ず陥る落とし穴

OracleデータベースとVMWareの仮想技術は、今ではユーザーにとって必要不可欠な組み合わせであり、業務システムの根幹を成すものと言っても過言ではないでしょう。 非常に便利かつ高可用性のあるこの組み合わせですが、実は大きな落とし穴が存在しています。その問題点を見てみましょう。

Oracle社を知る - Part 3

Part 2では、OTN(Oracle Technology Network)から製品をダウンロードする場合、ユーザはOracle Technology Network License Agreementという使用許諾契約への同意を求められることをお話しました。今回は、さらに監査権について見ていきましょう。

Oracle社を知る - Part 2

多くのソフトウェアメーカーは、自身の製品の知的財産権を守りながら確実に収益を上げるために、ありとあらゆる手法で不正な利用を未然に防ぐ努力をしていますが、Oracle社は、他のソフトウェアメーカーが積極的に採用しているこのような防止手段を施さず、それでいながら確実なビジネスを展開しています。果たして、それはどのような方法なのでしょうか?

Oracle社を知る - Part 1

Oracle社はどのような企業なのか、どのようにしてビジネスを成立させているのかを知ることは、ユーザにとって適切なビジネスを行う重要なポイントです。

{ "hideLoadMore": true }