Reviewing & Amending Your SAM Process Via a Third Party

SAMプロセスレビューおよび修正を

サードパーティに任せるメリット

SAMプロセスレビューおよび修正をサードパーティに任せるメリット

多くの組織では、プロジェクトにおいてプロセスを重視する傾向にあります。

重要なプロジェクトが開始すると、新しい技術(ツールなど)を購入し、プロジェクトチームが結成されます。

プロジェクトでコスト削減という結果を出した後は、その後の維持管理やコスト最適化についてはおろそかになってしまうことも良くあります。

なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?

ソフトウェア資産のベンチマーク測定において、可視性が限られている場合は非常に困難になります。今日では、常に一貫してソフトウェアを追跡するために、ソフトウェア資産のすべての領域を完全に可視化する必要があります。

さらにクラウドに移行することによって、日次、週次、月次で様々なソフトウェアを使用します。また、成熟したソフトウェア資産管理(SAM)プログラムのポイントは、組織を積極的に資産を管理する場所へと移行させることですが、クラウドの登場により、このタスクはこれまで以上に複雑に感じられるようになりました。

そのため、SAMプロセスを簡単に確認および修正できることが非常に重要です。これにより、関係者全員が抱えている課題を克服し、強力なSAMのメリットを受け取ることが出来ます。

SAMプロセスのレビューと修正について、サードパーティを通して始める方法について詳しく見ていきましょう。

従来の方法は過去のものになりつつあります

ソフトウェアライフサイクル管理 (SLM) とは、SAMとデジタル化された調達の組み合わせになります。

SLMの最終目標は、ソフトウェアとクラウド資産のポートフォリオの価値を最大化することです。ただし、強力なSLMを実現する前に、SAM戦略が十分に実行されていることを確認する必要があります。
以下は組織のSAMにおける一番大きな課題です:


  • IT環境の資産における可視の欠如 -  l全てのソフトウェア資産はオンプレミス環境のみでしたが、現在、多くの組織はクラウドへの移行を進めているため、ハイブリッド環境となっていることが多いです。ハイブリッド環境とSAMベンダー、パートナー、そしてツールのことを考えると、ソフトウェア資産全体の状態を把握することはとても難しいです。
  • リソース ギャップ  - 世界中の IT 部門では、SAM のような特定のスキルセットに特化したトレーニングを受けた人や専門家が不十分のため、スキルギャップが発生してしまっています。IT 部門と他の組織に幾つかの形で影響を与えています。SAM の成功は、強力な人材、プロセス、および技術に頼るので、SAMプログラムを成功させるための人材がいない場合、導入されたプロセスや技術は、単に意図した通りには実行されません。
  • 高額なコストと予算 -  非効率的な SAM プログラムは、高額なコストをもたらす可能性があります。組織に、サブスクリプション、ライセンス、および保守コストの最適化を担当する責任者がいないと、支出は膨大になってしまう恐れがあります。さらに、経営陣によって、結果がほとんど出ないのになぜ費用が使われているのか理解されないことで、予算を承認してもらうためのストレスの多いシナリオになります。

クラウドの採用が加速している影響で、従来の年次契約レビューは急速に姿を消しつつあり、組織はコストとガバナンスを管理するためのプロセスをきちんと文書化しておく必要があります。これらのギャップをレビューし、結果として生じる問題を解決するために、内部監査チームを導入するケースが増えてきています。うまくいけば、組織はITコストと関連のガバナンスにおけるリスクを管理することができます。一方、うまくいかない場合では、ネガティブな結果が直ぐに発生してしまいます。例えば、クラウドのシャドー IT に関連するコストは月々組織に大きな負担をかけることになります。

SAMプロセスをレビューし修正するメリット

世界中の組織が、非効率的な SAM プログラムに伴うビジネスの課題に対処してきました。例えば、高額なコスト、リーダーシップのサポートの欠如、プロセスの断絶、不明確なデータなどです。そこで、SAM プロセスのレビューと修正が重要になってくるのです。

ソフトウェア資産をしっかり確認することで、自社のSAMの成熟度を評価およびベンチマークできるため、長所と短所がどこにあるかをよく理解することができます。組織の成熟度評価、そしてSAMの成熟度が分かれば、次のレベルに移動できるための調整ができるようになります。

SAMの成熟度のこと以外、共同で完了したサードパーティレビューは、コストの削減、労働時間の節約、より迅速な承認、リスクの低減などを組織に様々なメリットを提供します。サードパーティレビューはベンダーから影響されていないため、社内チームが独立した評価を備えるので、その結果を持って経営陣へ報告し、費用を正当化することができます。

SoftwareONEが貴社のビジネス戦略をサポートします

SoftwareONEは、SAMプロセスにおけるレビューと継続している管理プロセスを自動化しましたITAMの観点から、ソフトウェア資産全体の完全な自動化されたリアルタイム評価にアクセスできることはとても重要なことです。そこでSoftwareONEは、意味のある評価に基づいた実用的な洞察をもたらサービスポートフォリオを開発しました。10,000 時間以上のコンサルティングに基づき、ソフトウェア資産全体のベンチマーク、コラボレーション、および進捗状況を確認できます。

お客様のソフトウェア資産を見直すことの重要性を認識し、その結果、現在はSLM Diagnosticと呼ばれているSAMSentry(英国を拠点とするソフトウェア資産管理(SAM)ソフトウェア)を購入しました。SoftwareONE の SLMサービスでは、調達から廃棄までのソフトウェア資産全体を 360 度の視点で見渡すことができ、SLM に関するお客様のよくある課題にリアルタイムで対応します。

プロセスは、400質問から始まります。回答が終わると当社の専門家が質問の結果からの評価レポートを通じて、貴社の組織内での様々な役割に関する情報を提供します。このようにして、お客様は自社の現状とSLMのベストプラクティスとの整合性や比較をすぐに確認することができます。さらに、SLM戦略全体の中での強みと弱みをよりよく理解することも可能です。そこから、システムは自動的に更新と成熟度レベルを追跡します。

そして、自分の結果と他の顧客による平均結果とのベンチマーキングもできるので、SAMの現状を徹底的に把握することができます。

すべての組織は、ソフトウェア資産全体に渡る可視性を求めており、SLMサービスはそのすべてを提供しています。このソリューションを通し、ビジネスの生産性と効率性の向上、コストの最適化、さらにリスクの減少が期待できます。ステークホルダーにリアルタイムのSLMアセスメントへのアクセスを提供することで、ビジネスゴールをより早く現実のものにすることができます。最初のアセスメントが完了し、プロセスは時間の経過とともに自動化されていくため、SLM戦略の変更をより早く見直し、実施することができます。

最終に

ソフトウェア資産管理プロセスをレビューと修正することになると、サードパーティに任せたほうが良いです。そうすると、貴社のソフトウェア資産がリアルタイムで確認できる安心感を持つことができます。また、極的に組織に価値を付加する成熟度のレベルに到達するための進歩になります。

専門家を介してSAMプロセスを見直すことは、組織にとって無駄な時間とリソースを軽減するチャンスになります。

SLMでゴールを目指す

SoftwareONEのソフトウェアライフサイクル管理の専門知識を活用しましょう。

詳しくはこちら

この記事に関するコメント

お客様のご意見をぜひお聞かせください

コメントを残す

Author

Steven Davison

Steven Davison

Business Owner – SLM Consulting, Diagnostic Services

Related Articles

Gaining License Clarity Prior to Your Move to SAP S/4 HANA

As organizations prepare to migrate to SAP S/4HANA, license management has become an even more pressing concern. Find out how SoftwareONE can help.

SAP監査とコンプライアンスのリスクを管理する方法

交渉を成功に導き、SAP監査を乗り切るためには、しっかりした準備が鍵となります。よくあるコンプライアンス上の問題点を学び、環境を最適化して全体的なリスクを低減することができます。

itam-forum

ITAMフォーラム

ITAMフォーラムの後援者として、ITAMフォーラムの作成者であるMartin Thompson氏に、ITAMフォーラムの組織とITAM業界の目標についてお話を伺いました。