microsoft-teams-vs-zoom

Web会議システムを比較

Microsoft Teams と Zoom 最適なソリューションはどちらか?

Microsoft Teamsと Zoom を比較 - あなたの組織に最適なWeb会議ソリューションは?

  • 30 9月 2020
  • 5.4 minutes to read

世界中の企業がリモートワークやモバイルワークの時代にチームのつながりを維持するための迅速なツールを模索している中、チームコラボレーションツールが人気を集めています。これらのシンプルで便利なツールは、インスタントメッセージからビデオ会議まで、従業員がシームレスに共同作業を行うための重要な機能を提供しています。ZoomとMicrosoft Teamsは、市場での最大のライバルであり、どちらもコラボレーションの需要に優れたソリューションを提供しています。Microsoft TeamsとZoom、どちらが優れているのでしょうか?高いレベルで、両方のツールは非常に似たような機能を提供していますが、いくつかの重要な違いがあるため、投資をする際にあなたを悩ませるかもしれません。今回はこの2つのツールを比較し、その違いを見ていきましょう。


Microsoft TeamsとZoomの使い分け

Microsoft Teamsは、社内コミュニケーションの向上を目的としたコラボレーションツールです。Zoomは、社内外の高性能なビデオ会議や音声会議を容易にするWeb会議ソフトです。Microsoft Teamsは、Microsoft 365製品を利用している企業に人気があります。Microsoft 365 suite にパッケージ化されており、他のMicrosoftテクノロジーとスムーズに同期ができるのも特徴です。Zoomは、従業員と外部ユーザの両方が簡単に設定できる高品質のビデオ会議を求める企業に利用されています。一部の企業では、Microsoft Teams と Zoom の両方を利用しています。これらの企業は、チャット機能とOffice 365との統合のためにMicrosoft Teamsを使用し、Web会議にはZoomを使用しています。


Microsoft TeamsとZoomの比較

Microsoft Teams と Zoom は、ハイレベルなWeb会議(ルームシステムを含む)と ユニファイドコミュニケーション テレフォニーのサービスを提供している点ではそれほど差はありません。より微妙な機能、インターフェイス、使いやすさ、統合性などを深く掘り下げていくことで、トレードオフを評価し、どちらのプラットフォームが組織に効果的にフィットするかを判断することができます。

特徴

Microsoft TeamsとZoomは、どちらもWeb会議機能(ブレイクアウトルームを含む)を提供していますが、他とは一線を画すユニークな機能を持っています。Microsoft Teamsにはしっかりとしたチャットサービスが含まれており、ユーザは会議を設定することなく迅速にコミュニケーションを取ることができます。また、Microsoft 365と同期することで、ファイル共有やカレンダーのサポートが可能になり、コラボレーションが容易になります。Microsoftの機能セットは、社内コミュニケーションを完璧にすることに焦点を当てています。Zoomはビデオ会議と音声会議に力を入れています。Zoomを使えば、会社に所属していないユーザでも、簡単に会議に参加できます。また、Webベースのプレゼンテーションをサポートするために、複数の画面共有の機能を提供しています。さらに、ZoomのWeb会議は、高品質のビデオとオーディオを誇っています。どちらのソリューションでも、現在、ホームスクーリング(自宅学習)の増加に伴い、1つの画面に最大49人 (7x7 グリッド)まで表示されることは教育分野で特に重要視されています。


インターフェイスと使いやすさ

ユーザーインターフェイスとエクスぺリエンスにおいては、Microsoft TeamsとZoomを比較するとZoomが優れています。Zoomのユーザは、そのシンプルなインターフェイスとエンドユーザを簡単に取得することができる点において、トレーニングやITサポートをほとんど必要とせずに実行できると賞賛しています。Microsoft Teamsは、ユーザが異なるチャネルやTeamsでの対話、ファイル共有、Teamsに組み込まれた他のMicrosoft 365アプリケーションの使用など、迅速にできないという大きな課題があります。一方でTeamsに組み込まれた作業ストリーム コラボレーション機能のフルセットにより、Zoomよりも広い使用範囲と可能性を提供できるため、これらはオンボーディングに関しては決定的な差といえるでしょう。


ミーティング システム

Zoom 対 Teamsの機能が熾烈な競争を繰り広げる中で、ユニークな差別化の一つとして、組織で設定する「ミーティング システム」というものがあります。ミーティング システムには、シンプルなハドルルームからデラックスなエグゼクティブ会議室まで、さまざまな種類があります。両者ともデバイス管理、タッチ機能の強化、モバイルとの連携、デュアルスクリーンルームのサポートなどを提供していますが、Zoomには人を数える機能があり、Teamsには近接検知機能があります。ZoomとMicrosoft Teamsのもう一つの違いは、Zoomはインテグレータとハードウェアプロバイダの両方を認定しているのに対し、Teamsはハードウェアソリューションのみを認定していることです。


統合

統合は、すべてのコラボレーションプラットフォームにとって、急速に重要な関心事となっています。メリットはZoomとMicrosoftの両方が活用できる多くの統合機能を持っているということです。Microsoft Teamsの最大の強みは、Microsoft 365アプリとの緊密な統合であり、それ以上に、チケット管理、アンケート、天気、ニュースなどのオプションを含む70以上のMicrosoft Teams用の統合機能があります。Microsoftの場合、統合は通常、アプリのデータを独自のプラットフォームに持ち込むためのものです。一方、Zoomは他のプラットフォームへの統合として追加されることが多いです。その好例が、ZoomとSlackの連携です。Slackとの統合に加えて、ZoomはMicrosoft 365との統合を含めて100以上の統合を行っています。


Microsoft Teams と Zoom: どちらが自社に合っているか?

最終的にどちらを選ぶかは、組織のニーズや要件によって異なります。Microsoft TeamsもZoomも、シンプルで効果的なコラボレーションツールを探している人にとっては、多くの価値を提供してくれます。それぞれのプラットフォームを使って、統合されたコミュニケーションのための包括的な環境を構築することができます。

Microsoft Teamsは、Microsoft 365環境との強力な統合機能により、社内コラボレーションに最適です。Microsoft Teamsは単なるWeb会議アプリではなく、ファイル共有や簡単なチャット、チャンネルソリューションも提供しており、チームの意思疎通を図るのに最適です。Microsoft 365を導入している場合、OfficeアプリとTeamsを統合することができます。これにより、Microsoftのエコシステムに大きく統合されたビジネスにシームレスな体験を提供します。

また、Zoomはワンクリックで会議に参加できる素晴らしいオプションを備えており、請負業者やサプライヤのような外部の共同作業者と一緒に仕事をしたいと思う人にとっては、より魅力的です。Zoom は当初ビジネスでの使用を想定して設計されていますが、日常的なやりとりにも魅力的です。全体的に見て、Zoom は少しのセットアップで信頼性の高いビデオ会議アプリを探している人にとっては、堅実なオプションでしょう。

多くの場合、Microsoft TeamsとZoomは、どちらか一方の状況を強制するのではなく、実際に組み合わせてうまく機能することができます。現代のデジタル ワークプレイスでは、マルチプラットフォームがますます当たり前になってきています。私たちの経験から言うと、今日ではユーザの大多数が複数のコラボレーションアプリのプラットフォームを使用する傾向にあります。ZoomとMicrosoft Teamsの両方が正式に企業に導入されていなくても、異なる部門でポップアップが使用されている可能性があります。選択肢の暗闇の中に光をもたらすための支援が必要だと感じた場合、SoftwareONEのコラボレーションのエキスパートは、組織のニーズに最適なソリューションを見つけるためのサポートをいたします。


企業に最適なビデオ会議ソリューションを選択する

SoftwareONEは、貴社のチームの生産性を維持するシームレスなWeb会議を楽しんでもらえるように、適切に設定し準備を整えます。Microsoft TeamsとZoomのどちらを選択するかについては、SoftwareONEにお任せください。

詳しくはこちら

この記事に関するコメント

お客様のご意見をぜひお聞かせください

コメントを残す

Related Articles

the-end-of-office-2010-get-active

Office 2010の終了に向けて準備をしましょう

2020年10月13日、Microsoft 社は、法人部門で現在も広く利用されているOffice 2010のサポートを終了します。オプションの詳細についてはこちらをご覧ください。

reset-thrive-your-business-part-six

ビジネスをリセットして成功させる Part6 - 今日のリモートワークにデータバックアップが必要な理由

リモートワークにより、組織にとってデータのバックアップと安全性の確保はより一層必要不可欠になっています。データのバックアップがどのようにして安心感を与えるのかをご覧ください。

Reset and Thrive 

ビジネスをリセットして成功させる Part5 - 未来のセキュリティリスクを減らす方法

組織がリモートワークを選ぶ場合でも、オフィスに戻る場合でも、セキュリティは優先順位の高いものでなければなりません。セキュリティリスクを軽減する方法をご紹介します。