backup-solutions-for-nonprofits

非営利団体向けバックアップ ソリューション 

データバックアップとリカバリの新境地を迎えて 

非営利団体向けバックアップ ソリューション

どんな組織でも、本当の意味でジタル トランスフォーメーション完成はありません。これは特に非営利セクターの組織に当てはまります。機密性の高い寄付者データを扱う場合でも、ハッキングから組織を保護する場合でも、Azureなどの安全なクラウドインフラストラクチャに投資することが重要です。非営利団体が拡大と進化を続ける中で、適切で安全なバックアップの必要性が必然的に高まっています。

 

新しいデジタル テクノロジーの力を十分に活用して、非営利の業界あらゆる面で利益を最大化することは困難です。これらの慈善団体で働くITリーダーは、組織がどれだけ変革の道を歩んできたかに関わらず、次のような、常に同じ疑問が浮かびあがります。

  1. 機密データを管理しながら、ミッションを加速させることに集中するにはどうすればよいか? 
  2. 受益者へのサービスを向上させ、プログラムの影響力を高めるためにはどうすればよいか?
  3. 寄付者への影響力をより効率的に示すにはどうすればよいか?

クラウドへの移行は、デジタル トランスフォーメーションの鍵としてしばしば喧伝されています。実際、クラウド移行は、組織変革のビジョンをサポートする方法でサービスをホストし、消費する方法を提供しています。

 

しかし、オペレーションをクラウドに移行した後も、多くの非営利団体はいまだに迅速なオペレーションという夢を実現できていません。これは、加速の鍵は、1つのギアだけではなく、複数のギアを同時に動かすことにあることが主な理由です。クラウドの可能性を最大限に引き出すには、成長とイノベーションを促進するクラウドテクノロジーに加えて、人材とプロセスに焦点を当てる必要があります。

クラウドコンピューティング - 非営利の業界における変革の道程

より俊敏でデジタルな生活スタイルへの移行が絶え間ない道程であるように、クラウドコンピューティングを最大限に活用する方法を学ぶこともまた道程です。人手不足のソリューションや複雑なプロセスでは、変革の計画を適切に進めることはないし、クラウドに移行した後の生活がどうなるかという期待にも応えられません。 

機密データ、俊敏性、価値を提供する際の効率性をめぐる上記の疑問に対する答えは、クラウドテクノロジーを超えて、システムの視点から組織を見ることで見つけることができます。真の変革を実現するためには、リーダーは、組織が使用するシステムやソリューション、そして顧客に提供する製品を横断的に進化させ、変革を推進する必要があることを理解しなければなりません。 

これは、変化を可能にするデジタルソリューションをサポートするテクニカルチームの負荷を軽減することを意味します。組織全体の変革を可能にするためには、IT チームは、迅速なデプロイとより安定したインフラストラクチャを促進するツールを必要としています。しかし、何よりも必要なのは、クラウド プロバイダにさらに多くの機能を提供してもらうことです。要するに、クラウドに移行することで、リーダーは社内チームが管理するデジタル資産が減り、デジタル変革のアジェンダの他の分野のサポートを受けられるようになると期待しているのです。しかし、すぐにそうなるわけではありません。まず、新しいクラウド導入の価値を最大化するために、チームとプロセスをどこに進化させなければならないのかを見極める必要があります。 

デジタルで従業員がより良い仕事をすることを可能にする 

組織がバックアップをどのように管理しているかは、クラウドを利用している間にどれだけの成果を上げているかを示す良い指標となります。

従来のバックアップ プロセスと人手のかかるソリューションには、テープドライブ、大規模なネットワークストレージデバイス、24時間365日体制でバックアップ プロセスを監視・管理する運用チームが含まれます。非営利団体の中には、完全な運用チームを持っている場合もありますが、ほとんどの非営利団体では、これらのプロセスを管理するために数人の従業員に頼っているだけで、1日のすべての時間をカバーするためのシフトではないでしょう。オンプレミス環境でデータを保存するのは複雑で時間がかかるため、多くのIT専門家はクラウドバックアップツールを活用するメリットを直感的に感じています。

しかし、この投資を行う前には、いくつかの重要な検討事項があります。使用しているツールは、クラウド ジャーニーのあらゆる段階や反復をサポートしているか、ハイブリッド クラウドでは、バックアップのためのツールのハイブリッド パッチワークが必要となり、事態を複雑にしていないか、クラウドからローカル ストレージやテープにデータを移行するのが正しいアプローチか、ということが挙げられます。

クラウド バックアップ管理を簡素化することで価値が生まれる 

クラウド インフラストラクチャの管理を技術的なスキル、ツール、運用プロセスに依存している組織では、何も簡素化されていない場合、コミュニティの生活をより良くするために費やせる時間が失われてしまいます。このような依存関係が、新しい取り組みや成長の妨げになっているのです。 

日々の価値を提供するためには、クラウドの理念を活用し、集中、スピード、効率性の観点から考える必要があります。革新的なテクノロジーと自動化のような先進的なプロセスを使用して、必要な頻度でライブシステムをバックアップすることができます。

つまり、リーダーは一貫して信頼性の高いシステムを使用してイニシアチブを推進し続けることができ、環境関連企業はリアルタイムのアナリティクスを使用していることに信頼をおき、ヘルスケア関連企業はGDPR(一般データ保護規則)についてストレスを感じる必要がなくなります。クラウド対応のコラボレーション、データ収集、迅速かつ柔軟なリカバリ オプション、価値を生み出すまでの時間の短縮など、すべてがクラウドベースでのデジタル トランスフォーメーションを実現するための要素となります。 

統合されたマネージドバックアップにより、重要なデータと資産は、セキュリティ上の脅威、不確実なバックアップ プロセス、持続不可能なコストから継続的に保護されます。これは、誰もが、組織のデジタル資産を全体的に保護するというストーリーに参加していることを意味し、デジタル変革の考え方に適合しています。以下に、それがどのようなものであるかを考えてみましょう。

  • 仮想マシンをほぼリアルタイムでバックアップ
  • コンテナは需要に応じてバックアップ
  • アクティビティは、他のアプリ配信メカニズムのためにほぼリアルタイムでキャプチャされ
  • データを復旧し、それなりの時間をかけて利用する
  • リカバリ メトリクスは強力に見える
  • 組織は問題にほぼ瞬時に対応し、数日ではなく瞬時に業務を復旧させることができる
  • アーキテクチャの非効率性を見抜くことができる
  • データ保護は、組織が蓄積してきたニッチなバックアップソリューションをすべてカバーする1つのポータルによって簡素化されている

統合管理を使用して無駄を削減し、ミッションを推進する 

優れたクラウドバックアップ管理プランを選択する際の最終目標は、クラウドジャーニーを簡素化することです。これは、デジタル トランスフォーメーションというより大きなアジャイル ジャーニーを支援することになります。統一管理は、デジタル変革のアイデアを確実にし、少なくとも部分的にクラウド環境を導入している非営利団体にとっては、新たなフロンティアです。迅速なクラウドソリューションを提供するためのコストを共用化することで、次のような、ほとんどの非営利団体のCEOの懸念事項リストのトップにある変革の課題に改善をもたらすことができます。

  • 独自ツールでの高いスキルセットは、組織が負担することが難しく、コストがかかるため、リスクを取り除くことができます。
  • 通常はメンテナンスに専念している人たちが、ミッションのより細かい部分の作業に専念できるようになるため、生産性が向上します。
  • ITの評価に磨きをかけることで、ビジネス需要への対応力が向上し、変革の障害というよりも変革を可能にする存在になります。
  • 管理コストを「無駄のない」状態に保つことで、組織がより多くの資金をプログラムに寄付を促進し、スケーラブルなインパクトを提供する能力に対する受益者の信頼感を高め、最終的にポジティブな評判を確固たるものにすることができます。

BackupSimpleでクラウド ジャーニーをデジタル トランスフォーメーションの計画に適合させる 

デジタル トランスフォーメーションを成功させるためには、プロセスのすべてのコンポーネントが価値あるものでなければいけません。BackupSimpleは、複雑なバックアップ ソリューションのパッチワークを気にすることなく、運用の実行可能性を確保することができる、他のどのソリューションよりも優れた統合管理ソリューションです。

BackupSimpleが提供するマネージド データ バックアップは、インフラストラクチャやその他の初期費用に大きな投資を必要としません。これにより、非営利団体は、変革の道を歩む上で貴重な一歩を踏み出すことができるだけでなく、活動範囲を拡大することができます。そしてそれは、世界とその組織のサービスを求める人々に変革的なインパクトを与えることができるのです。

データ管理が急速に積極的な資産となりつつある世界において、SoftwareONEのマネージド バックアップは、すべての非営利組織が重要なデータとデジタル資産を保護するために必要です。クラウドの普及や複雑化するクラウド環境では、アジャイル開発をサポートすることはできませんが、集中型データ バックアップ プラットフォームを備えたBackupSimpleは、このような複雑な状況を打破することができます。

非営利団体にストレージとバックアップ ソリューションを提供

BackupSimpleがどのようにして組織のリソースを解放し、管理コストを削減して、最も重要なことに集中できるようにするかをご覧ください。

eBookをダウンロードする(英語)

この記事に関するコメント

お客様のご意見をぜひお聞かせください

コメントを残す

Author

Mathew Showers

Global Best Practice Manager - Technology Services

Data Backup, BackupSimple

Related Articles

the-new-normal-of-business

ニューノーマルの時代において :ソフトウェアライフサイクル管理(SLM)が果たす役割とは?

SoftwareONEは、ガートナー社の2020年ソフトウェア資産管理マネージドサービスのマジック クアドラントにおいて、グローバル リーダーに選ばれました。その理由をご覧ください。

reset-thrive-your-business-part-six

ビジネスをリセットして成功させる Part6 - 今日のリモートワークにデータバックアップが必要な理由

リモートワークにより、組織にとってデータのバックアップと安全性の確保はより一層必要不可欠になっています。データのバックアップがどのようにして安心感を与えるのかをご覧ください。

Reset and Thrive 

ビジネスをリセットして成功させる Part5 - 未来のセキュリティリスクを減らす方法

組織がリモートワークを選ぶ場合でも、オフィスに戻る場合でも、セキュリティは優先順位の高いものでなければなりません。セキュリティリスクを軽減する方法をご紹介します。