Reset and Thrive Your Business Part THREE - Getting Your Remote Workplace Strategy Implemented

ビジネスをリセットして成功させる Part3 

リモートワークプレイス戦略の実践 

ビジネスをリセットして成功させる Part3 - リモートワークプレイス戦略の実践

  • 07 10月 2020
  • 5.16 minutes to read

企業がリモートワークを恒久化するための長期的な戦略を構築していく中で、ITチームはリモートワークの運営と維持のロジスティックスに取り組む必要があります。 

現在のリモートワークへのシフトは、組織の運営方法に新たなパラダイムを生み出しています。企業はここ数か月の間にリモートワークの「試運転」を完了し、従業員はリモートワークが自分たちにとても適していることを発見しました。その結果、73%の労働者が、雇用主がリモートワークの選択肢を提供すべきだと考えています。その結果、「ニューノーマル(新しい日常)」では、ワークプレイスは単一のハブではなく、多くの場所のエコシステムを意味するようになってきました。 

管理職やリーダーも満足しています。ロックダウンの状況では、リモートワークが有効であることが証明されています。全員が適切なリモートコラボレーションを使用していれば、遠隔地でも効果的なチームコラボレーションが可能です。これは感覚的なことのように思えますが、5万人以上の回答者から得られた数百万のデータから収集したCushman & Wakefieldのレポートで発表されているように、これが未来の道であることを示す確かな証拠です。 

効果的なリモートワークの鍵がテクノロジーをベースにしたものであるならば、IT チームは組織が新しい標準に適応するのを支援する上で重要な役割を果たします。ここでは、新しいリモートワークの戦略を実践するために、IT チームが力を注ぐべき 3 つの分野を紹介します。 

1. デジタル トランスフォーメーションで運営と維持の仕方を学ぶ 


リモートワークのロジスティックスについて慎重に考えることで、ITチームはクラウドの移行を急ぎすぎるという落とし穴を避けることができます。貴社のデジタル トランスフォーメーションは、リモートワークへのシフトよりもずっと前から始まっていたかもしれませんが、今こそ、クラウドが一連で行われている時期に次の動きを戦略的に考える時です。 

すでに主要なワークロードをAzureやAWSに移行している場合は、これを再開することができますが、恒久的なリモートワークフォースを可能にすることに重点を置いてください。それは、どのワークロードを優先するかを再考することを意味するかもしれませんし、新しい日常のワークプレイスの変化を考慮して、異なるクラウドモデルを意味することもあるでしょう。 

セキュリティは優先すべきです。リモートワークの導入を急ぐ中で、セキュリティは後回しにされてきたかもしれないが、それは変えなければいけません。セキュリティチェックを行わずに「なんとかなる」ということはもうありません。従業員が安全かつ効率的に仕事ができるように、十分なVPNリソースを確保しなければなりません。ここ数か月の間にビジネスVPNの使用率が165%も向上しているため、これら問題には迅速かつ直接的に対処する必要があります。 


2. より効率的になる 

リモートチームは、優れたコラボレーションツールやプラットフォームのおかげで、効率性を高めてきました。そして今こそ、IT部門も効率化を図るべき時なのです。その一つがセキュリティであり、ネットワーク上のすべてのデバイスにソフトウェアやセキュリティポリシーの更新を後押しできるツールを活用することができます。 

同様に、ITの効率化は他の点でも利点を受けることができます。改善に重要なことは、データのバックアップとリカバリです。これらの機能を単一のスケーラブルなプラットフォームで合理化して一元化することで、ITチームの時間とコストを節約すると同時に、回復力を高めることができます。企業ネットワークのダウンタイムが発生すると、チーム全体のリモートワークを成功させることができなくなるため、回復力は最も重要です。 

3. リモートワーク環境での生産性の向上  

年初には、IT チームは、新しい日常を可能にするための条件を整えるために、「より良い状態に戻す」というプレッシャーに直面していました。さらに、IT 部門は、イノベーションを推進して価値を高めながら、コストの最適化と削減に取り組むことが求められています。コストを削減するためには、リスクを軽減するソフトウェア ライセンス管理(SLM)を検討することから始めることができます。SoftwareONEのSLM Cost Take-Out はリモートワークプレイスが拡大していく中で、プロセスを簡素化し、持続的な結果をもたらすと同時に、IT部門の生産性を向上させます。 

その他にも、可視性の向上とコンプライアンスの向上により、IT の生産性を向上させることができます。SAMSimple は、IT 部門がソフトウェア環境を最適化するのを支援し、リモートワークによってデジタル環境が大きく複雑化する中でも、「監査対応」の状態に近づけることができます。生産性プラットフォームは、今、IT 部門にとって重要な役割を果たしています。自動化、可視化、アカウンタビリティを提供し、コスト削減の機会を特定するのに役立ちます。 

PyraCloudは、デジタルサプライチェーンの監視、契約の管理、マルチクラウド環境でのクラウドコストの追跡など、他の分野の生産性を向上させるために必要なツールをITに提供します。これらの重要なリモートワークプレイス機能を監視しておくことは、パンデミックのような緊急事態が発生しても、ビジネスが回復力を持ち、ダウンしないことを従業員や他の関係者に示すための一つの方法です。   

ITにおける「ニューノーマル(新たな日常)」に向けた新たな展望 

リモートワークへの動きでアメリカ企業の見通しが変わりました。リモートワークのメリットを見つけ、効率性、生産性、コストのために新たなリモート環境を最適化することを学びました。ワークライフバランスの向上、その他無数のライフスタイルや仕事上のメリットがあるため、労働者はこの新しいワークスタイルを支持しています。また、より多くの人材を確保できるため、チームにもメリットがあります。 

リーダーたちは、コスト削減と柔軟性の向上の可能性を認識しているため、新しい日常にも迅速に適応しています。多くの企業は視点を変え、アメリカを拠点とする労働力のための新しいワークパラダイムをサポートするために資金を動かしています。実際、フォーチュン500社のCEOリストの中では、ほぼ4分の3が、中国やヨーロッパ、インド、アジアのどこかではなく、米国にこそ最高の投資機会があると答えています。 

これらすべてのポジティブな変化とデジタル トランスフォーメーションの鍵を握るのはITチームです。ロックダウンの初期の頃にリモートワーク技術の実装に熱中していたように、今は未来の新しいエコシステムを構築するために熱心で、疲れ知らずで取り組んでいます。それはリモートワーク、支店の場所、リモートチームといった、さまざまな形のリモートワークが常に含まれるのが「新しい日常」です。誰もがリモートワークの利点を受け入れることができるように、組織と従業員が現在および将来直面するであろうあらゆる課題に対応できるようにしています。 

戦略を実践する準備はできていますか?

組織のリモートワーク戦略の実施にお役に立てることがあれば、SoftwareONEがお手伝いします。リモートワーク環境に簡単に移行できるよう、当社とパートナーを組みメリットを得ましょう。

詳しくはこちら

今日のビジネス界のニーズを理解する

今日のビジネス環境がどのように変化したのか、そしてこの時代をどのようにナビゲートしていくのかを知るために、当社のフライヤーをご覧ください。

フライヤーを見る

この記事に関するコメント

お客様のご意見をぜひお聞かせください

コメントを残す

Related Articles

microsoft-teams-vs-zoom

Microsoft Teamsと Zoom を比較

リモートワークやモバイルワークが増えている現代では、チームコラボレーションツールが人気を集めています。しかし、Microsoft TeamsとZoom、どちらが優れているのでしょうか?

the-new-normal-of-business

ニューノーマルの時代において :ソフトウェアライフサイクル管理(SLM)が果たす役割とは?

SoftwareONEは、ガートナー社の2020年ソフトウェア資産管理マネージドサービスのマジック クアドラントにおいて、グローバル リーダーに選ばれました。その理由をご覧ください。

reset-thrive-your-business-part-six

ビジネスをリセットして成功させる Part6 - 今日のリモートワークにデータバックアップが必要な理由

リモートワークにより、組織にとってデータのバックアップと安全性の確保はより一層必要不可欠になっています。データのバックアップがどのようにして安心感を与えるのかをご覧ください。