対等な交渉に臨むためにできる事とは

ソフトウェア ライセンス契約交渉

ソフトウェア ライセンス契約交渉

日本でソフトウェア ライセンス契約や、ライセンス監査に関して、お客様とお話していて思う点は、殆どのお客様がソフトウェア メーカーと対等な契約交渉に望める状態に無いという事です。ポーカーに例えると、ルールも知らず、手持ちのカードすら見ないまま、ポーカーをしている状態です。

この状態では、ディーラーの勝ちは目に見えており、あとはどれだけ利益を挙げられるかという勝負です。ソフトウェア ライセンスの契約の交渉や監査もこの状況を思い起こさせます。

対等な交渉に望むためには

対等な交渉に望むためには、下記3点の理解と専門家のサポートが必要です。


  • ルールの把握(契約内容、使用権)
  • 手持ちのカードと状況の把握(ソフトウェア利用状況)
  • 戦略(交渉戦略)

契約交渉の必要性

主要ソフトウエアは永続的に使用され、定期的に契約交渉が必要です。掛け金は大きく、把握には知識と時間がかかるのが近年のソフトウェア資産です。

  • 手持ちのカード(使用状況)は把握できていますか?
  • ルール(契約内容、使用権)はご存知ですか?
  • 交渉戦略はありますか?

当社には、ソフトウェア ライセンスに関する豊富な経験と知識をもつコンサルタントが多数おります。ライセンス契約更新にお困りでしたら、是非、お気軽にお問い合わせください。

ready to negotiate

お問い合わせ先

ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

この記事に関するコメント

お客様のご意見をぜひお聞かせください

コメントを残す

Author

Ryuji Kodama

SLM Service Lead

Related Articles

Oracleユーザが必ず陥る落とし穴

OracleデータベースとVMWareの仮想技術は、今ではユーザーにとって必要不可欠な組み合わせであり、業務システムの根幹を成すものと言っても過言ではないでしょう。 非常に便利かつ高可用性のあるこの組み合わせですが、実は大きな落とし穴が存在しています。その問題点を見てみましょう。

Continuously Optimizing the Value of Your Microsoft Investment | SoftwareONE Blog

Microsoftへの投資を継続的に最適化する

Microsoft契約は複雑です。変更のたびに調整するための正しい知識を確実に身につけ、ソフトウェアライセンスの使いすぎを防ぐ方法を学びましょう。

Reviewing & Amending Your SAM Process Via a Third Party

SAMプロセスレビューおよび修正をサードパーティに任せるメリット

SAMプロセスを簡単に見直し、修正できる機能は必須です。サードパーティを介して開始する方法についての詳細はこちらをご覧ください。