Helping Your Business Remove Software Cost During Turbulent Times

ビジネスを成功させるために 

激動の時代にソフトウェアのコストを削減

激動の時代にソフトウェアコストを削減するためのビジネスを支援

  • 02 9月 2020
  • 15.5 minutes to read

現状 

最近、ビジネスリーダーたちは、従業員や顧客の安全確保、リモートでの生産性の高い労働力といった喫緊の課題に注目しています。私は、当社のテクノロジーサービスチームが多くのお客様をお手伝いできていることに嬉しく思っています。次の重要なステップは、支出を管理してキャッシュフローを維持することです。SoftwareONEには、お客様のコスト削減を支援してきた多くの経験があります。世界中の企業を毎日支援し、何百万ものコスト削減を実現してきました。ここではそのヒントをいくつかご紹介します。

今は通常とは言えない状況です。貴社の従業員は、リモートで仕事をしているか、全くしていないかのどちらかであり、これがいつ通常の状態に戻るかは誰にもわかりません。もはや通常に戻るとはどういうことかもわかりません。世界はほぼ一夜にして急速に変化します。私たちはそれに適応し、変わっていかなければなりません。今、何か違うことをする準備をしておきましょう!

データに基づく意思決定

今、貴社は組織内のソフトウェアの可視性と管理を必要としています。

以下の質問を自分自身に問いかけてみてください。

  • 所有しているソフトウェアについて、使用されているかどうか知っていますか?
  • 使用されているソフトウェアについて、どこで使用されているか知っていますか?
  • どのクラウドサービスに加入しているか知っていますか?
  • それらのクラウドサービスに最適な料金を支払っていることを確認していますか?
  • ソフトウェアの更新期限と更新条件を知っていますか? 

これらの質問に対する答えが「いいえ」または「わからない」のであれば、貴社はお金を無駄にしている可能性が高く、大幅なコスト削減の機会があります。

信頼できるデータが手元にないのは、貴社だけではありません。実際、2017年のSAMS Europe & USA Survey Report,によると、73%の企業が自動化されたライセンスの追跡とレポーティングを行っていません。つまり、すべての事実を知らずに意思決定が行われることが多く、クラウドがIT戦略の一部として浸透している今、この問題は重要であり、コストがかかっています。クラウドコストの増加のうち30%が使用されておらず、過剰支出となっていることから、この問題は貴社のビジネスでも発生している可能性が高いと考えられます。景気後退が予想されるこの時期に、ビジネスを成功させるためにも不必要な支出を止める必要があります。この領域は即座に費用対効果に反映されます。

ソフトウェアの支出の60%だけが調達の管理下にあり、つまり40%は管理下にないことを意味しています。当社の経験では、40%は一般的にソフトウェアの非計画購買(テールスペンドであり、これらの小規模なベンダーで、ある程度の精査とプロセスがあれば、コスト削減につながります。60%であっても、追加の精査と信頼できるデータ取得により、一部のティア1ベンダーの更新時には、平均 35% のコスト削減が見られます。ベンダーは更新を求めているので、データを利用して必要な分だけを支払うようにしましょう。

そのためには、自社の環境にどのようなソフトウェアが使用されているかを理解するだけでなく、そのソフトウェアが実際にどのように使用されているかを理解する必要があります。このインベントリと消費データに加えて、ソフトウェアの契約、更新、そして可能であれば将来の条件を知る必要があります。

では、このデータはどこで入手できるのでしょうか?企業は長い間データ資産の投資が不十分で、必要なデータを持っていない可能性があります。ソフトウェア資産管理(SAM)チームがある場合は、そのチームに確認する、そうでない場合は、セキュリティや構成管理データベース(CMDB)のような他の分野をチェックすることができますが、これらも正確ではないかもしれませんし、全体をカバーしていないかもしれませんし、必要な情報を提供していないかもしれません。IBM Big FixIBM License Metric ToolMicrosoft SCCM、またはMicrosoft MAPのような無料ツールなど、別のアプリケーションでよく使われているツールがあり、完璧ではないかもしれませんが、アイデアを与えてくれるでしょう。特定のSAMツールをコストはかけずに素早く展開して、必要とされる可視性を得ることができます。

信頼できるデータを取得し、十分な情報に基づいた意思決定ができるようになったら、無駄な支出を抑えるための次の4つの重要なポイントに焦点を当てます。

 

1. 再回収

これは簡単にコストを削減できる方法で、ガートナー社がSAM導入初年度に30%のコスト削減を行ったことを話しました。これはその方法の一つです。予備のライセンスがあるとわかったなら、購入をやめましょう。何を買ったか、何がインストールされているか、2つのライセンスを比較すれば簡単ですよね。これは、特別に設計されたSAMツールを持っていると更新や購入条件に費やすコストを削減することがより簡単にできます。

 

2. 更新の管理

調達チームが多忙な時に、40%のベンダーに働きかけることは最適な方法です。更新時期、製品の所有者、何が使用されているかを把握しましょう。これらの更新を見直したり、統合したりして、必要なものだけを購入することで、支出を削減する機会はたくさんあります。これは、現在の IT 戦略の変更において特に重要になります。今日から積極的に取り組みましょう。

 

3. 高額契約の最適化

使用状況、インベントリ、および将来の条件のためにデータを利用してください。ライセンス契約、購入国、条件変更時の柔軟性など、利用できるすべてのオプションを理解しましょう。Oracle Javaサブスクリプションが必要となるタイミングや、代替JDKディストリビューションの適用の可能性についてアドバイスできる専門家に相談すると良いでしょう。

 

4. クラウド

クラウドはSaaSIaaSにおいてすぐに差別化を図ることができる分野です。企業によっては、クラウド技術に慣れていないため、ガバナンスや経験が不足しているために、必要に迫られて簡略化をし、間違って取り除いてしまうかもしれません。

  1. SaaSテクノロジー今の状況の変化において、あまり必要としていないかもしれません。ベンダーのサブスクリプションをやめて、短期的にコストを削減することはできますか?その契約はそれが可能ですか?自分が何を使っているのかご存知ですか?もし今以上に必要なら、「通常」が戻ったときに必要な分だけ使える柔軟な契約タイプを購入してください。そして消費を監視するツールを使用してください。もし持っていないなら取得しましょう。インストールも早いですし、ほぼ即時に費用対効果に反映します。 
  2. パブリッククラウドでのIaaSはコスト削減の大きなチャンスです。必要のないときに電気をつけっぱなしにして浪費していませんか?誰がソフトウェアを使用しているかを把握し、クロスチャージを通して説明できますか?ビジネスにおいて支払いが生じたときにコスト削減につながることがよくあります。「自分のライセンスを持ち込む」方法を知っていますか?これはチャンスであると同時に、安価なライセンスモデルを使用している場合には、使用できるライセンスがあるかどうかを知ることができず、脅威にもなります。
  3. 過剰な使用量は遡及的に請求されるため、時間が経過してしまうと、そのコストを見直し、使用量を最適化することができないため、予算を大きく上回ります。このような想定外の予算を回避するには、事前のモニタリングと管理が必要になってきます。 
  4. 管理と予測可能な支出分析でキャッシュフローの管理を強化したいと考えている時に、ITFD/CFOに将来の支出についてより正確な予測を提供することができます。ガバナンス報告書により、支出の急増を即座に把握し、是正措置を講じることができます。

Cash is King(現金は王様)

今取り組んでいるIT戦略は、3カ月前に取り組んでいたものとは間違いなく異なるでしょう。恒久的なソリューションと非恒久的なソリューションとは何でしょうか?リモートのニーズが大幅に高まったり、ユーザが効果的に作業できないためにライセンス数を減らしたりと、今後数カ月間に経験するであろう変化に柔軟に対応できるように、さまざまなタイプの契約が用意されています。

いつも通りの購入を続けないでください。これには柔軟性が必要ですが、いくつかの契約は他のものより良いものもあります。6月はMicrosoft社の年度末であり、多くの記念日の支払いや更新があるでしょう。例えば、エンタープライズ契約、 年間の請求書など(通常は3年間)SoftwareONEは、CSP契約のもと、多くのお客様により柔軟な月払いに移行していただいています。これにより、12カ月分を前払いで支払うよりもキャッシュフローが自由になるだけでなく、ほとんどの場合、1件あたりのコストが低くなります。また、将来的に過剰な支払いを避けるためにガバナンスが必要とされる設定と管理を支援するための様々なレベルのサポートを提供します。一部のサポートでは、投資から最大限の利益を得るためのサービス サクセス マネージャーを提供しています。

長期的に、何に署名しているのか把握しておきましょう。複数年を契約することで費用を抑えることができるなら、分割払い(毎月、四半期、または年間)を交渉するか、融資オプションを検討してください。一部のベンダーは非常に競争力のある利率を提供しており、この時期に顧客を支援するために手数料0%を掲げているところもあります。

監査の脅威は依然として現実のリスクであるため、IT予算はベンダーの活動内容によって影響を受けるかもしれません。監査がまだ押し通されているのを見ていますが、これまで長引いていたところを、今では締めくくりに追い込んでいます。ソフトウェアベンダーの株価が下落しているため、一般の人の認識はそれほど高くないのかもしれませんが、株価は重要視されています。

シャドーITが増え、テクノロジーがどんどん普及(コラボレーションやテレビ会議ツールの急増)しています。すべてが有料化されているわけではないでしょうし、間違いなく予算化されているわけではありません。これは何を意味するかおわかりでしょうか?そして、これがある種の通常に戻ると仮定して、短期間だけ購入する方法を知っていますか?これからの新たな日常はどうなるのでしょうか。これは本当の意味で柔軟性が必要となってきます。

SoftwareONEは、お客様と協力して、短期、中期、長期のコストの見直す機会を特定します。この可視性により、コスト削減の可能性を見つけ出しアクションプランを作成できます。これにより、必要とされる焦点、戦略的方向性が確実にわかります。

当社は世界中のお客様と日々協力して、ソフトウェアコストの予算から何百万も節約できるように支援しています。現在の状況、将来の方向性、そしてすべてのオプションを理解する必要があります。

オプションを知る

一部のベンダーは無料トライアルを提供しています。SoftwareONEはこれらを理解し、短期間でROIを最大化するお手伝いをします。

例えば、Microsoft社のOffice 365 E1トライアルでは、最大3,000人のユーザを対象に、柔軟なCSP契約を6か月間無料で利用できます。Microsoft社以外にも、Oracle社、IBM社、Adobe社などの企業も、独自のサービスを提供してビジネス環境の変化に対応しています。

また、SAPはソフトウェアベンダーがDigital Access Adoption Programを利用して、間接的なデジタルアクセスに課金する新たな料金体系を発表しました。(5月に終了)

これらのサービスには多くの情報が含まれているため、これらのサプライヤーで必要とされるサポートについては、SoftwareONEの担当者に連絡数rことをお勧めします。

結論

コスト削減をし、キャッシュフローにすぐに反映させるための、迅速かつ有効なアクションがあります。

  • クラウドの利用 - SaaSIaaSの両方を使うことで今後数カ月の間に劇的に変化します。柔軟性を提供するためのオプションを理解しておきましょう。 
  • メーカーによっては、即日コスト削減につながる可能性があります。

    • Microsoft - 多くの企業では、6月の更新または記念日の支払いがあります - クラウドのサービスを変更する際に、ビジネス成功のためのガバナンスとサポートを備えたより柔軟な契約に移行することを考えてください。

    • Oracle - Oracle社の年度末は5月で、Microsoft社よりも唯一早い企業です。契約内容、特にJavaライセンスの変更内容を確認してください。インデックス化からの節約と同時に必要条件を見直してください。

    • SAP -間接的な デジタルアクセスに対する新たな料金体系を提供(5月に終了)
  • 現在、AWS社、Adobe社、Barracuda社、Citrix社、Commvault社、IBM社、McAfee社、Microsoft社、Tenable社、Trend Micro社、VMwares社など、いくつかの企業が無料ライセンスやトライアルを提供しています。これらがどのようなものなのか、また、ファイナンスオプションを含むキャッシュフローオプションを柔軟に利用できる契約にも注目しましょう。
  • 正しい判断を下すために信頼できるデータを取得する

SoftwareONEはお客様をいつでも支援いたします。当社の経験、知識を頼りにしてください。

この記事に関するコメント

お客様のご意見をぜひお聞かせください

コメントを残す

Related Articles

Oracle社を知る - Part 3

Part 2では、OTN(Oracle Technology Network)から製品をダウンロードする場合、ユーザはOracle Technology Network License Agreementという使用許諾契約への同意を求められることをお話しました。今回は、さらに監査権について見ていきましょう。

SoftwareONE's Top 5 SLM Predictions

SLM予測トップ5を確認する

予測は単に経験に基づいた推測ですが、私たちはいくつかの予測をすることに満足していました。2018年のSLM予測が今日どのように推移しているかを見てみましょう。

Oracle社を知る - Part 2

多くのソフトウェアメーカーは、自身の製品の知的財産権を守りながら確実に収益を上げるために、ありとあらゆる手法で不正な利用を未然に防ぐ努力をしていますが、Oracle社は、他のソフトウェアメーカーが積極的に採用しているこのような防止手段を施さず、それでいながら確実なビジネスを展開しています。果たして、それはどのような方法なのでしょうか?