IBM End

IBMライセンス料金がフル キャパシティ体系への変更で上がる恐れがある?!

Windows Server 2008 環境で ILMTを ご利用中のお客様は注意が必要

IBM社、Windows Server 2008のサブキャパシティ ライセンスと ILMT のサポートを終了

  • 04 9月 2020
  • 4.5 minutes to read

2020年1月14日、マイクロソフト社は、Windows Server 2008とWindows Server 2008 R2のサポートを正式に終了しました。これらのサーバー オペレーティング システムは、社内のネットワーク、および接続、データベース、機能を展開するための基盤となるものでした。Windows Server 2008の存続期間中は非常に有用でしたが、サポートの終了に伴い、いくつかの課題があげられます。これらのサーバーは多くの企業に深く定着しており、Windows Server 2008 以降のバージョンではサポートされないビジネス クリティカルなアプリケーションを実行していた可能性があります。

一部の企業では、アップグレードする代わりに、延長サポートにお金を払うことが最善の方法であると判断していました。これは、つい最近、IBM社 が Windows Server 2008 および 2008 R2 がサブキャパシティ ライセンスの対象外となり、IBM ライセンス メトリック ツール (ILMT) のサポートを受けられなくなると発表するまでは、多くの企業にとって完全に実現可能なオプションでした。しかし、これらのツールや価格体系を利用しようと計画していたユーザーにとって、すべてが変わってしまうことになります。

ありがたいことに、猶予期間があります - このシフトは2020年の第3四半期末まで行われません。しかし、この期限は決して遠い未来の話ではありません。まだサブキャパシティ ライセンシング フレームワークでWindows Server 2008を実行している場合は、早急に対応しなければなりません。IBMがILMTとサブキャパシティ ライセンシングのサポートを終了したことは、これらのサービスに依存している企業にとって、財務的にも運用的にも影響を及ぼします。この変更が企業にどのような影響を与えるかをよく見てみましょう。

IBM社のお客様にとってサポート終了とは何を意味するのか

IBM社がILMTとサブキャパシティ ライセンシングのサポートを終了することは、かなり多くの課題となることでしょう。このシフトに完全に備えたいのであれば、今日からロードマップの構築を始めることが重要です。このロードマップは、IBM社が Windows Server 2008 に関連するサービスのサポートを終了することで最も困難な側面をいくつか指摘し、それに応じて次のステップを計画する十分な時間とリソースを確保するのに役立ちます。

注意点として - Windows Server 2008 の拡張セキュリティ更新プログラムにお金を払っていないのであれば、サーバー全体が危険にさらされています。いくら拡張サポートが高額だからといって、サイバー攻撃を受ければ会社にとって悲惨なことになります。拡張サポートにお金を払いたくないのであれば、できるだけ早くアップグレードすることが重要です。延長サポートの料金を支払っている場合は、次のステップを計画する際に以下の点に留意してください。

IBM社のライセンス メトリック ツールのサポートが終了

IBM社のライセンス メトリック ツールは、ユーザーがライセンス要件を決定するのに役立ちます。これは、コストを見積もり、ソフトウェア資産の最新のインベントリを維持することができます。また、予算編成とコンプライアンスを支援します。

しかし、Windows Server 2008 または 2008 R2 を実行しているサーバーでは、このサービスはサポートされなくなります。おそらく、このサービスはまだしばらくの間は機能し、サブキャパシティ ライセンスをカウントし、ソフトウェア資産を評価し続けるでしょう。しかし、IBM社 は、エラーが発生してもテクニカル サポートや修正は行わないことを明確にしています。これにより、企業はインストールされているソフトウェア資産を過大評価したり、過小評価したりすることになり、課金や予算編成が頭痛の種になる可能性があります。

サブキャパシティ ライセンスのサポートが終了

サブキャパシティ ライセンスでは、企業は妥当な金額で PVU ベースのソフトウェアプログラムをライセンスすることができます。これは、サーバーのプロセッサコアの全容量を必要とするフルキャパシティ ライセンスとは異なります。そのため、フルキャパシティ ライセンスはかなり高価になります。

Windows Server 2008 の導入にサブキャパシティ ライセンスを使用している場合は、9 月末 (2020 年第 3 四半期) までに解約またはアップグレード計画を完了する必要があります。この警告を無視している企業は、後の監査で悪い知らせを受けることになります。これにより、多額の費用がかかることになります。

Windows Server 2008 または 2008 R2 を継続して実行する必要がある場合は、他のオプションがあります。IBM社 は、Windows Server 2008 の拡張サポートに料金を支払っている企業に対して、ケースバイケースでサブキャパシティの拡張ライセンスを提供しています。しかし、これは保証されておらず将来的にサポートをやめる可能性があります。さらに、これは、あなたの企業を監査対象としてフラグを立てる可能性がありますので、拡張サポートを申請する前に、すべてのIBM社とMicrosoft社のサービスが完全に準拠していることを確認してください。

SoftwareONEはサポート終了に対しどのように支援するのか

あらゆる製品、特に Windows Server 2008 や 2008 R2 のような基盤となるサポート終了に対応するのは大変なことです。これらの課題は、他のベンダーが追随してレガシー製品のサポートを拒否したり、IBM社 や Microsoft社 を通じて継続的なサポートを受けている場合には、コンプライアンスを維持する上で懸念があったりと、さらに深刻なものになるということです。SoftwareONEでは、これらの課題に対し、いくつかの方法でサポートいたします。

  • リスク アセスメント - リスク アセスメントを実施し、その結果を組織内の選ばれたメンバーと共有します。その後、リスクを軽減するための最善の方法について話し合います。
  • コンプライアンスの維持 - どのような製品でもそうですが、サポートが終了すると、IBM ソフトウェアのコンプライアンスに大きな影響を及ぼす可能性があります。ソフトウェアのアップグレードが必要なのか、それとも延長サポートにお金を払った方が良いのかを判断するためのお手伝いをします。クラウドへの移行が望ましい場合は、専門家がサポートいたします。
  • 費用の見積もり - Windows Server 2008 または 2008 R2 からのアップグレードができず、IBM による拡張サブキャパシティ ライセンスの対象外の場合、当社がお手伝いします。お客様のデプロイメントを評価し、ライセンスのギャップを特定し、請求書が届く以前にフルキャパシティ ライセンスの財務的な影響を予測します。
  • 専門家のアドバイス - IBM アドバイザリ サービスの担当者が、この移行を管理する最善の方法をご提案します。リスク、財務上の影響を考慮し、お客様がスムーズに移行できるようにカスタマイズされたプランを提供します。

当社はIBM社のお客様に幅広いアドバイザリ サービスをいつでも提供できるように準備しています。しかしながら、当社のサポートの有無に関わらず、今すぐに計画を開始することを強くお勧めします。お客様のビジネスは、1 年以内に Windows Server 2008 または 2008 R2 を実行しているすべてのシステムをアップグレード、解約、交換、および/または移行するための最良の方法を見つける必要がありますが、これは簡単なことではありません。

最後に

IBM社 が ILMT とサブキャパシティ ライセンシングのサポートを終了することで、一部の企業は混乱に陥るでしょう。これは、適切な移行戦略を計画し、実行するための期間が 6 か月しかない場合は特にそうです。しかし、適切な専門家の助けを借りることで、価値の高い、将来性のあるサーバー展開をするための戦略を作成することができます。

サポート終了に向けて準備を開始

IBMアドバイザリーサービスをご活用いただくことで、お客様はIBM社のソフトウェア体系に精通した弊社スペシャリストの卓越した知見をもとにコンプライアンス対策を万全にしつつ、ソフトウェア ライセンスにかかるコストの最適化を図ることが可能となります。

詳細はこちら

この記事に関するコメント

お客様のご意見をぜひお聞かせください

コメントを残す

Related Articles

the-end-of-office-2010-get-active

Office 2010の終了に向けて準備をしましょう

2020年10月13日、Microsoft 社は、法人部門で現在も広く利用されているOffice 2010のサポートを終了します。オプションの詳細についてはこちらをご覧ください。

Oracle社を知る - Part 3

Part 2では、OTN(Oracle Technology Network)から製品をダウンロードする場合、ユーザはOracle Technology Network License Agreementという使用許諾契約への同意を求められることをお話しました。今回は、さらに監査権について見ていきましょう。

Oracle社を知る - Part 2

多くのソフトウェアメーカーは、自身の製品の知的財産権を守りながら確実に収益を上げるために、ありとあらゆる手法で不正な利用を未然に防ぐ努力をしていますが、Oracle社は、他のソフトウェアメーカーが積極的に採用しているこのような防止手段を施さず、それでいながら確実なビジネスを展開しています。果たして、それはどのような方法なのでしょうか?