How To Fix Sh(adow) IT

シャドーITが起こすハプニング

どのように修復していくのか 

シャドーITが起こすハプニング どのように修復していくのか

シャドー IT は、管理されていないまま放置すると、企業に対してさまざまなレベルの財務、セキュリティ、およびコンプライアンスのリスクにさらす可能性があります。シャドー IT を完全に排除することはほぼ不可能ですが、従業員が使用しているプログラムを把握し、管理するためにできることがあります。

シャドーITは、企業内にすでに存在している可能性が高く、適切に管理されていれば将来的にシャドー IT が発生するのを防ぐ(少なくとも最小限に抑える)ことが出来ます。

シャドーITの問題に対処する方法 

ステップ1:インベントリ

企業でシャドー IT を管理する計画を構築する前に、ソフトウェア資産のスキャンツールを使用しソフトウェア環境のインベントリを作成し、従業員が使用している IT 以外のソフトウェアにフォーカスする必要があります。そうすれば実際のデータに基づいて計画を立てることができます。

ステップ2:分析

インベントリ設定が完了したら、最大のリスク領域を特定突き止める必要があります。

一般的に、最大のリスクはマーケティングや人事などの部門内に存在し、従業員がより良い仕事を遂行するために不正を行う可能性が最も高いとされています。

の場合、法務、コンプライアンス、データ・プライバシー・チームなど、IT以外の部門の助けが必要になるかもしれません

ステップ3:計画と実行

何に重点を置くべきかが分かったところで、行動計画を立てることができます。

計画は組織によって異なりますが、通常、ソフトウェアの更新や入れ替え、セキュリティソリューションの導入、新しいソフトウェアを調達するための新しいポリシーや手順の設定などが含まれています。

ステップ4:監視

シャドーITは継続的な問題であり、インベントリを設定し、データを取得たからといって解消されることはありません。

したがって、環境を継続的に監視し、潜在的なリスクにフラグを立てて、大きな問題になる前に迅速に対処できるようにする方法を導入する必要があります。これは通常、人、技術、プロセスの両方を組み合わせたものです。

シャドーITを防ぐ4つの方法 

企業内でのシャドーITの発生を防ぐためには従業員の行動変える必要があります。

  • 従業員がソフトウェアを要求するプロセスについて、使いやすく、また理解しやすくすること
  • 従業員がソフトウェアにアクセスするには固有のページから、また購買元を一本化すること
  • IT の承認を受けたプロセス以外でインストールしたものなどは、例外なく速やかに削除されるなど対策を講じること 
  • シャドー IT のリスクと結果について、継続的に従業員に啓蒙活動を行うこと

シャドー IT は企業にさまざまなリスクをもたらす一方で、より良くITを管理するためのイノベーションをもたらす可能性を秘めています。

したがって、企業内のITを継続的に管理する計画を構築することが重要です。

SoftwareONEのスペシャリストは、お客様のシャドーITを削減し、管理することを可能にします。

シャドーITから資産を得る

シャドー IT を無視することはもはや選択肢の一つではありません。。シャドーITは、ユーザがIT部門からの明確な承認なしに、組織内にシステムやアプリケーションをインストールすることで発生します。この問題をどのように管理するのがベストなのかを説明します。

詳しくはこちら

この記事に関するコメント

お客様のご意見をぜひお聞かせください

コメントを残す

Author

Blog Editorial Team

Trend Scouts

IT Trends and industry-relevant novelties

Related Articles

Reviewing & Amending Your SAM Process Via a Third Party

SAMプロセスレビューおよび修正をサードパーティに任せるメリット

SAMプロセスを簡単に見直し、修正できる機能は必須です。サードパーティを介して開始する方法についての詳細はこちらをご覧ください。

SAP監査とコンプライアンスのリスクを管理する方法

交渉を成功に導き、SAP監査を乗り切るためには、しっかりした準備が鍵となります。よくあるコンプライアンス上の問題点を学び、環境を最適化して全体的なリスクを低減することができます。

itam-forum

ITAMフォーラム

ITAMフォーラムの後援者として、ITAMフォーラムの作成者であるMartin Thompson氏に、ITAMフォーラムの組織とITAM業界の目標についてお話を伺いました。