Taking Control of Your SAP Software Costs

SAPソフトウェアのコストを管理する 

SAPソフトウェアのコストを管理する

SAPは毎年、顧客を監査しています。顧客は、USMM(User System Metric Measurements)データを抽出し、毎年SAPに提出することが義務付けられています。このデータと SAP がどのように使用されているかを理解することは、不要な SAP コストを回避し、間接的な使用状況の分析を含む詳細な監査にさらされる可能性を回避するための鍵となります。SAP導入の初期費用と経常費用の管理は、複雑で継続的なプロセスです。SAPの価格設定、ライセンシングメトリクス、契約の複雑な性質により、企業は追加ライセンスの支払いを超過したり、コンプライアンス違反による予期せぬ罰金を受けたりする可能性があります。その結果、さまざまな費用の管理が困難になる可能性があります。

過去に最適化された SAP ソリューションの導入に成功していたとしても、現在のライセンス資格、使用状況、および利用可能な新しいライセンスオプションを評価することが最も重要です。SAPの契約は時間の経過とともに変更されることが多いため、SAP を長期間使用している組織は、投資収益率 (ROI) を向上させるために、環境が適切に維持されていることを確認する必要があります。

継続的なSAPコストと前払いSAPコストの管理方法を決める前に、多くの企業がSAPのライセンスコストを理解するのに苦労する理由を見てみましょう。

複雑な料金体系 

新しいソフトウェアソリューションを統合する場合、組織のリーダーは通常、プロジェクトにかかるおおよその費用を知りたいと思うでしょう。残念ながら、SAPの価格設定を予測することは非常に困難です。これは主に、SAPの主観的な価格設定に起因しています。SAPの価格設定構造は、各導入に特化しているだけでなく、価格設定の正確な詳細は公表されていません。長年のSAPの専門家は、SAPの価格設定に関する考慮事項をかなり正確に箇条書きにしたリストを作成することができましたが、これらのリストは非常に長く複雑です。SAP 導入真のコストをさらに複雑にしていることは、専門家が特定した費用は常に一貫して適用されていないということです。

コストをコントロールしようとするとき、企業は SAP社 のサービスの価格だけではなく、それ以上のことを考慮する必要があります。その代わりに、多くの直接コストと間接コストで構成される総所有コスト(TCO) を正確に見積もるようにしなければなりません。TCO を見積もるためには、SAP が関わるすべてのアプリケーション、人、プロセスを完全に理解する必要があります。これは大変な作業です。その結果、SAPの導入に関連するコストをコントロールしたい企業は、自社のソフトウェアと運用環境をしっかりと理解しておく必要があります。

複雑なライセンス契約 

SAPの導入に関する最も一般的な懸念事項の1つは価格ではなく、SAPのライセンス契約の複雑さです。調査によると、英国とアイルランドのSAPユーザの95%は、ライセンス構造が「複雑すぎる」と考えています。これは2つの問題を引き起こしています。企業はライセンス費用を完全に最適化することができないということ、そしてコンプライアンス関連の罰金を受けるリスクがあるということです。

この課題は、SAP のライセンシング権限の幅の広さに起因しており、SAP への投資を最大化することが困難な場合があります。ライセンスの大まかなカテゴリは存在しますが、表面レベルでは理解するのがはるかに難しくなっています。ここでは、広範なSAPユーザライセンスの3つの例を紹介します。

  • Professional User - これらのユーザは、システム管理や管理などの操作タスクや役割を実行できます。 
  • Limited Professional Userこれらのユーザは、Professional Userに似ていますが、ソフトウェアライセンスの条件によって役割が制限されています 
  • Employee User - これらのユーザは、他人に代わって SAP を使用することは許可されておらず、ソフトウェアライセンス契約の条件によって制限されています。 

ユーザライセンスはさらに複雑になる可能性がありますが、以下の 3 つの一般的なカテゴリについては、すべてのチームが十分に理解しておく必要があります。各ユーザタイプの定義は、購入時の契約に基づいて、顧客間で異なる場合もあれば、同じ顧客であっても異なる場合もあることに注意してください。これに加えて、パッケージライセンス、データベーススケールライセンス、およびこれらのライセンスタイプが組織全体でどのように利用されているかについても理解しておく必要があります。 

組織が SAP ライセンスや独自のメトリクスの機能や制限を十分に理解していないと、コンプライアンス上の問題が発生するリスクがあります。さまざまなプログラムやライセンスがあるため、組織がその制限事項を理解していないことはよくあることです。例えば、SAP社がSAPと他のソフトウェアとの統合を許可していないことを知らない組織もあります。また、SAPの新バージョンが出るたびにライセンスの制限が厳しくなることに気づいていない組織もあります。

このような知識がなければ、IT チームは、運用コストが暴走して制御不能に陥るだけでなく、ペナルティや罰金のリスクにさらされることになります。

SAPライセンスコストの管理 

SAP導入を最大限に活用するには、第三者機関のSAPエキスパートに相談することを検討してください。専門のコンサルタントの専門知識を活用することで、企業は導入コストを最適化することができます。

さらに、SoftwareONEのSAPエキスパートと提携することで、組織はプロセスやライセンス環境を最適化するためのアドバイスを受けることができます。これにより、SAP環境におけるコスト削減、予算計画の強化、リスクの低減が可能になります。ここでは、SoftwareONEのSAPコンサルタントがお客様の組織に提供できるメリットの一例をご紹介します。 

  • 独自のソフトウェア環境を最適化するための手法を深く分析  
  • コスト回避の機会の特定  
  • 監査リスクの軽減  
  •  SAP社の新しい Digital Access ライセンスモデルを最適に変換して活用する方法を理解します。 
  • 将来のSAP支出を予測し、コントロールする能力 

SoftwareONEのSAPカバレッジとアドバイザリサービスを通じて、SAP導入が制御され最適化されていることを保証することで、安心感を得ることができます。

最後に 

SAPソリューションを統合しようとする際に透明性の欠如に悩んでいる場合は、支援を受けることができます。SAP関連の費用やライセンスの権限の可視性を向上させるために必要な詳細な知識を得るために、SAPの専門家であるコンサルタントの力を借りることを検討してください。

SAPライセンスコストの管理

SoftwareONEがSAPアドバイザリ サービスで複雑なSAP環境の簡素化を支援する方法をご紹介します。 

詳細はこちら

この記事に関するコメント

お客様のご意見をぜひお聞かせください

コメントを残す

Author

Steve Gahr

Steve Gahr

Practice Lead – SAP License Advisory Services

Publisher Advisory | SAP

Related Articles

Oracleユーザが必ず陥る落とし穴

OracleデータベースとVMWareの仮想技術は、今ではユーザーにとって必要不可欠な組み合わせであり、業務システムの根幹を成すものと言っても過言ではないでしょう。 非常に便利かつ高可用性のあるこの組み合わせですが、実は大きな落とし穴が存在しています。その問題点を見てみましょう。

Continuously Optimizing the Value of Your Microsoft Investment | SoftwareONE Blog

Microsoftへの投資を継続的に最適化する

Microsoft契約は複雑です。変更のたびに調整するための正しい知識を確実に身につけ、ソフトウェアライセンスの使いすぎを防ぐ方法を学びましょう。

Reviewing & Amending Your SAM Process Via a Third Party

SAMプロセスレビューおよび修正をサードパーティに任せるメリット

SAMプロセスを簡単に見直し、修正できる機能は必須です。サードパーティを介して開始する方法についての詳細はこちらをご覧ください。