the-people-behind-best-in-class-IT-asset-management

クラス最高のIT資産管理を支える人々

クラス最高のIT資産管理を支える人々

SoftwareONEではプロセステクノロジーの重要性を強調し、強力なIT資産管理戦略を推奨しています

IT資産がオンプレミス、クラウド、ハイブリッドのいずれであっても、資産を管理、制御、保護するための最適な方法を導き出すことが重要です。特に大事なのは、多様なスキルセットと専門知識を持った適切な人材活用および、ソフトウェア環境を管理するためのスキルを持った人材を確保することです。

組織の人々は、テクノロジーだけでは実現、またカバーできない独自のスキルと能力を持っています。ここでは、適切なIT資産管理チームに必要なスキルについて詳しく見ていきましょう。

知見や見解を分析し、伝えていく 

データの透明性を提供するためにはアプリケーションやプログラムが必要ですが、このデータから導き出され知見や見解を分析し、伝える」という役割を担うのはIT管理者です。市場に出回っている最先端のIT資産管理ツールの中には、IT資産の本格的な分析を行うことができるものもありますが、それを組織全体に意味のある形で伝えるのはIT管理者にかかっているのです

そのためには、情報がどこにあるのか、情報はどこから取得するのか、特定のアプリケーション誰がどのくらい持っているのか使用率はどの程度なのかまたこれらの資産必要な予算はどのくらいなのかなど理解し、組織や関係者とコミュニケーションを取っていかなければなりません。

れらの情報を収集するためには、ソフトウェア資産のライフサイクル全体において360 度の視点から見ていく必要があります情報を入手したら、上長や組織はもちろん、関連部署へどのようなソフトウェアが使用されているか、および SAM プログラムを維持するためにどのような責任があるかを知らせていくことが大事ですこれにより、組織全体またはチームがIT環境を積極的にコントロールできるようになり、ITマネジメントのステークホルダーとなることができます。

明確な役割とポリシーの遵守 

企業のソフトウェアおよびライセンスに関わる人々の役割と責任を明確に定義し、それに従うことで、ユーザーエクスペリエンスが大幅に簡素化されます。

IT資産管理チームにこれらの分野の専門知識を持つ人がいない場合、是非SoftwareONESAM診断サービスをご利用ください。

作成されたガバナンスやポリシーは、企業のライセンスやソフトウェア環境における全範囲をカバーしていなければなりません。
例えば、IT ヘルプデスクへの問い合わせ方法、ソフトウェア申請ワークフロー、管理者権限を持つことを許可されているユーザーなど整理し定義していくことで、ソフトウェア環境全体の制御と可視性が向上します。

財務および法的リスクを最小限に抑える 

ソフトウェア環境が複雑になればなるほど、法的インシデントや財務上における非効率性のリスク大きくなります。

ソフトウェアおよびライセンスの関係部署や関係者と協力し、 IT 資産管理戦略の抜け漏れを見つけ、対策考えることが重要です。

IT資産管理は、現在の契約に関して法務チームとコミュニケーションを取り、既存の法的リスクを認識しているかどうかを確認する必要があります。

次に運用チームと連携し、現在のソフトウェアとライセンスの適正化に積極的に取り組んでいるかどうかも確認します。

これら部門や関係者間で会話が生まれることで、すべての主要な利害関係者が何がどうなっているのか詳細に情報が把握できるようになります。

これにより、IT資産管理における組織の評判確立されていくようになるので、将来の資産のより良い財務計画が可能になります。

ライセンスの評価とコンプライアンスの徹底 

IT資産が最適に管理されていることを確認するためには、専門家に複雑なソフトウェア契約を見てもらい、それに応じてその後の権利を管理することが不可欠です。そうでなければ、コンプライアンスの達成と維持が組織にとって困難になる可能性があります。

コンプライアンスを確実にするための最初のステップは、現在のソフトウェアコンプライアンスのベースラインを確立することであり、現在インストールされているソフトウェアと、ライセンスの使用権がどうなっているかを見ていく必要があります

可能であれば、Microsoft、IBM、Oracle、SAP など大手ベンダーとの取引に精通している専門家に相談するのが最善です。

これらのベンダーはかなり複雑なライセンス体系を持ちまた契約形態も難しいため、経験豊富な専門家がナビゲートする必要があります。

ベンダーとの関係を確立し、維持する 

プロセスやテクノロジーは機械的なものであるため、IT資産管理の取り組みでは常に人が鍵を握っています。IT資産管理の担当者は、ベンダーの目的を理解し、それが組織の目標とどのように結びついているかを明確にするように努めなければなりません。

この情報を念頭に置くことで、組織はソフトウェアベンダーのモチベーションと優先順位をよりよく理解できるようになります。

さらに、ベンダーを戦略に参加させるようにしましょう。ベンダーとの良好な関係を築くことは重要なことです。コンプライアンス違反に陥る企業の多くは、意図せずにベンダーと良好な関係を築いていないことがわかっています。

SAMチームがベンダーと長年にわたって良好な関係を築いている場合は、コンプライアンス違反の事例について組織に情報を提供することが出来ますし、ITチームで何かあった場合でも迅速に対応することができます

また、コンプライアンスに関してベンダーが何を優先しているかを理解することで、プロアクティブなソフトウェア環境を維持し、コンプライアンス違反の原因を最小限に抑えることができるようになります。

IT資産管理で「人」が鍵を握る理由 

最終的には、人はプロセスとテクノロジーに人間的なタッチを提供し、効果的なIT資産管理戦略を促進するのに役立ちます。適切なスキルを持つチームメンバーを活用することで、組織は強力なコミュニケーションチャネルを持ち、契約書に記載されている定量的な情報を理解し、ITチームは正確でコスト効率の良い方法でソフトウェアやライセンスを管理することができるようになります。

しかし、IT資産を最適に管理するためには、やはり幅広い専門知識が必要になってきます

もしあなたの組織に人材のスキルギャップがあるのであれば、専門家の助けを借りてり最高のIT資産管理戦略を構築することを検討してみてください。

 

ITAMの専門家がお手伝いいたします

SoftwareONEのソフトウェア資産管理サービスが組織内の技術のギャップをどのように埋めることができるか、詳細をご覧ください。

詳しくはこちら

この記事に関するコメント

お客様のご意見をぜひお聞かせください

コメントを残す

Author

Gabe Honesto, Author SoftwareONE Blog

Gabe Honesto

Team Lead Software Lifecycle Management

Digital Transformation & Software Asset Management

Related Articles

Reviewing & Amending Your SAM Process Via a Third Party

SAMプロセスレビューおよび修正をサードパーティに任せるメリット

SAMプロセスを簡単に見直し、修正できる機能は必須です。サードパーティを介して開始する方法についての詳細はこちらをご覧ください。

SAP監査とコンプライアンスのリスクを管理する方法

交渉を成功に導き、SAP監査を乗り切るためには、しっかりした準備が鍵となります。よくあるコンプライアンス上の問題点を学び、環境を最適化して全体的なリスクを低減することができます。

itam-forum

ITAMフォーラム

ITAMフォーラムの後援者として、ITAMフォーラムの作成者であるMartin Thompson氏に、ITAMフォーラムの組織とITAM業界の目標についてお話を伺いました。